デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

デジハリ大ら、アバター生成&装着アプリ「beCAMing」を提供開始 オンライン授業向けに

活用事例

2021/11/30 19:31

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

サウジアラビアはAR導入に理想的? Snapが語るその可能性

業界動向

2021/11/29 19:00

ボルボ、イスラエルのスタートアップ企業に出資。ARHUD開発を推進

投資

2021/11/30 12:28

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クアルコムがAR開発プラットフォーム「Snapdragon Spaces」発表 2022年から提供

半導体大手のクアルコム(Qualcomm)は、AR開発向けのプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR Developer Platform(Snapdragon Spaces)」を発表しました。複数のソフトウェアプラットフォーマー、ハードメーカーとも提携し、アプリケーションやデバイスのスムーズな開発・商用化をサポートします。

スマホ接続ARグラス、アプリ開発を支援

Snapdragon Spacesは、スマートフォン接続のARグラスのデバイス設計そのものや、ARグラス向け3Dアプリケーション開発・商用化を支援するプラットフォームです。Unreal Engineといった主要な3Dエンジン向けソフトウェア開発キットが含まれており、開発者は慣れ親しんだ3Dツールやワークフローを使用可能です。周辺環境認識の機能としては、空間マッピングやメッシュ化、平面検知、オブジェクトトラッキングなどを備えています。

またVR/ARの標準仕様「OpenXR」に対応し、ハードウェアをまたいだアプリケーションの移植が可能としています。

ハードウェア、通信、開発プラットフォームと提携

ハードウェアではまずLenovo、Motorola、OPPO、Xiaomiをパートナーとし、2022年からサポートが開始します。スマートグラスLenovo ThinkReality A3が、最初の商用デバイスとなる予定です。

またスマートフォン接続のARグラス商用化に向けて通信事業者との提携も行い、ドイツテレコム、NTTドコモ、T-Mobileとの提携を発表しています。

さらに11月9日に本格展開が開始したばかりのナイアンティックのAR開発プラットフォーム「Niantic Lightship」と統合が可能。屋外のユースケースに拡張された、AR体験開発を支援します。

Snapdragon Spacesは一部の開発者向けにアーリーアクセスで提供中。一般提供は2022年春の予定です。同時に開発者をサポートするSnapdragon Spaces Pathfinder Programを開始しており、こちらは公式サイトから申込ができます。

(参考)Qualcomm


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信  vol.4

2021/11/10 12:32 メタバース

AVITAとパソナ、アバター姿でクラフトコーラを売るストアを限定オープン

2021/11/10 12:32 業界動向