デイリーランキング

【体験レポ】Rift Sで体感する、Oculusの徹底的な「使いやすさ」へのこだわり

Oculus Rift

2019/03/21 00:15

Oculusが新VRヘッドセット「Rift S」発表 外部センサー不要、49,800円で今春発売

Oculus Rift

2019/03/21 00:00

【続報】一体型VRヘッドセットOculus Quest、スペックなど新情報公開

Oculus Quest

2019/03/21 00:00

VR/AR標準化「OpenXR」の暫定仕様が公開 Oculus等2019年内対応

業界動向

2019/03/20 11:30

HP、PC向け新型VRヘッドセット「Reverb」発表 片目2K、価格は600ドル

Windows MR

2019/03/20 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

暗いトンネルにMRで情報表示 三井住友建設がHoloLens活用、作業時間を大幅削減

三井住友建設株式会社は、導水路トンネル調査・点検システム「MOLE-FMR(モール – Field Mixed Reality)」を開発しました。本システムはマイクロソフトのMRデバイス「HoloLens」を使用しており、静岡県富士宮市内の導水路トンネル調査・点検にて適用。「補修履歴情報等の見える化で効率化・合理化を図り、作業時間の半減を実現」しているとのこと。

導水路トンネルの調査および点検は、目視による変化や不具合のチェック、その規模・寸法の測定、および記録作業がメインとなります。したがって、過去に蓄積された調査結果や補修記録との比較が必要に。照明設備がない暗渠や狭いトンネル内では、ひび割れや漏水箇所の特定、損傷個所とコンクリート表面の模様判別などに時間がかかり、こうした作業の効率化・合理化が課題となっていました。

今回三井住友建設が開発した「MOLE-FMR」は、同社のトンネル補修工事データベース「ジェネシスLTR」に管理されている調査記録や点検記録、施工・補修履歴情報を3Dモデルに自動変換し生成。HoloLensを活用し、現実空間に補修履歴や記録を3D画像表示させて、リアルタイムに現状と比較できるシステムです。

また、「MOLE-FMR」には、設計図面を実寸サイズのホログラムを目の前に投影する株式会社インフォマティクスのMRビューワー「GyroEye Holo」が採用されています。

「MOLE-FMR」の特徴

「MOLE-FMR」は、導水路トンネルの調査・点検記録や補修履歴を3Dモデルで表示させることができます。また、補修前の状況を重ねて表示することで、現実空間における変状や不具合を視覚的に比較することも可能です。

本システムは「導水路トンネルの照明設備がない暗渠や隧道内において、僅かな光源(LEDランタン等)でも本システムはトンネルの三次元形状を認識して現実空間に3D画像を表示することが可能」とのことです。

今後、三井住友建設は「最新のICTの活用により本システムの利便性をさらに向上させて、導水路や開水路等の調査・点検および補修工事への導入を促進するとともに、道路トンネル等の社会インフラの維持管理への適用も目指す」としています。

(参考)三井住友建設株式会社 プレスリリース

発売間近のVRADV「東京クロノス」をテーマにした“山手線チャレンジ”登場、抽選でプレゼントが当たる!

2019/03/11 19:00 VTuber 最新ニュース一覧

アイドル部「北上双葉」、ぽこピー・ばあちゃるからドッキリを受ける!?その結末は……

2019/03/11 19:00 VTuber 最新ニュース一覧