デイリーランキング

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

英大手航空も導入、“フライト中はVR体験”広まるか

業界動向

2019/08/16 19:00

“目に入れるだけのAR”特許が明らかに、脳スキャン操作をフェイスブックが開発中  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/13 08:00

ファーウェイが“5G×ARクラウド”の「Cyberverse」発表

業界動向

2019/08/14 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

遅延のないゲーム実況を 米企業が20億円のトークンセール終了

360度動画ライブ配信プラットフォームを運営する「Sliver.tv」が、約20億円相当のトークン(※)セールを終了したことを発表しました。同社は今後、ブロックチェーンを活用し、配信技術の向上に取り組むとしています。

※ゲームやプラットフォーム内で使うことができる独自の仮想通貨。スタートアップ企業が株式の代わりに発行し、資金調達に利用している

eスポーツなどの動画を配信

「Sliver.tv」は2015年に設立された、VRを利用して視聴できる動画のライブ配信プラットフォームを運営する会社です。これまでにサムスンやソニー、グリーなどの企業から約1,700万ドル(約18億円)の資金を調達しています。またeスポーツ団体「ESL」などと提携し、VRのeスポーツイベント「インテルエクストリーム・マスターズ(IEM)」のライブ配信などを行ってきました。

動画配信の遅延改善へ

「Sliver.tv」は自社の動画配信システムにブロックチェーン技術を採用、分散化させた上で、「Theta(シータ)」と名付けられたトークンを発行していました。

同社によると、2020年にはすべてのインターネットのデータの80%近くはビデオコンテンツとなると予想、増え続ける情報量によって動画配信の質が担保できない可能性があるということです。そこで同社はデータを分散化させ、ブロックチェーン上で管理することで、遅延などを軽減することを目指し、この技術を自社プラットホームに採用しました。また分散化に協力してくれたユーザーに関しては、プラットホーム内で利用できる「Theta」を付与することで、Win-Winな関係性を担保することができるとしています。

https://www.youtube.com/watch?v=kW5Jz3xAXHc

Youtubeを脅かす存在なるか?

先日行われたプライベート・プレトークンセールでは、わずか48時間で20億円相当のトークンが完売しました。また1ヶ月間に世界各地から400万回以上のアクセスを獲得し、非常に高い注目度を保っています。同社は「我々は、ビデオ配信の業界で支配的な分散型ネットワークになるチャンスがある」というコメントを発表しており、近い将来YouTubeなどを脅かす存在となるかもしれません。

(公式ページ)
https://www.sliver.tv/


オンラインショッピング×AR eBayが導入を検討

2018/02/16 18:00 活用事例

ロジクール、VR対応フライトコントローラーを3月発売

2018/02/16 18:00 テック