デイリーランキング

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に

業界動向

2020/12/01 23:00

個人向けの裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass Portrait」発表、199ドルから購入できるキャンペーンも

業界動向

2020/12/03 00:00

開発者と一緒に、XRの世界を広げたい――Magic Leap 1越しに見る、NTTドコモのXR戦略

業界動向

2020/12/02 12:00 Sponsored

韓国スタートアップLetsee、ARソリューションを全世界向けに提供開始

テック

2020/12/02 12:30

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/30 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

サムスンとスタンフォード大、最大10,000ppiの超高解像度有機ELディスプレイ開発

韓国・サムスン電子と米国のスタンフォード大学は、最大10,000ppi(pixels per inch)まで対応する新型の高解像度有機ELディスプレイを発表しました。VRデバイスにおける問題のひとつ「スクリーンドア」の解決に役立つ可能性があります。

「スクリーンドア現象」完全解決のさらなる一歩?

「スクリーンドア(またはスクリーンドア現象)」とは、主にディスプレイ解像度が原因で網目模様が見えてしまう問題のこと。2020年10月現在、VRヘッドセットの解像度は数年前と比較して飛躍的に向上し、スクリーンドアは大きく改善しましたが、“完全な解決”には未だ至っていません。

サムスンとスタンフォード大が開発した新型ディスプレイではフィルムを使用し、反射層の間に白色光を放射させます。片方は銀、もう片方はナノサイズの波型の反射金属を使っています。この“光学メタサーフェス(optical metasurface)”は、反射特性を変化させ、特定の色に、ピクセルを通じて共鳴(resonate)することを可能にします。このデザインによって、従来の有機ELディスプレイと比較して、高いピクセル密度を実現したとのこと。本技術が実用化された際には、VRディスプレイに大きな変革をもたらすものと思われます。

海外メディアEngadgetによれば、サムスンはすでに10,000ppi技術を使用した“フルサイズの”ディスプレイ開発を進めているとのこと。同社からの続報に注目していきたいところです。

ARディスプレイのDigiLens、サムスングループから出資受入 | Mogura VR

ARディスプレイのDigiLens、サムスングループから出資受入 | Mogura VR

MoguraVR

サムスン、複数のMRヘッドセットを開発中か 特許出願が判明 | Mogura VR

サムスン、複数のMRヘッドセットを開発中か 特許出願が判明 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Engadget


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

ガラス大手のコーニングが提携、次世代ARデバイスに向け一歩

2020/10/28 19:30 業界動向

新型360度カメラ「Insta360 ONE X2」発売 AI編集機能搭載

2020/10/28 19:30 VR用カメラ