デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

墜落や感電を体験、鉄道現場の事故をVRで学ぶ

VR教育プログラム「安全体感VRトレーニング」を開発する株式会社積木製作は、新たに鉄道業界向けコンテンツをリリースしました。VRで車両の屋根上における作業中の墜落や感電、飛来落下といった内容を体験することができます。

「安全体感VRトレーニング」は、建築現場やものづくりに関わる様々な現場で使用できる安全教育ソリューション。現実での体験が難しい災害をVRで体験でき、場所を問わずに現場教育ができます。

今回の新コンテンツでは、鉄道業界の3大事故である「触車・墜落・感電」の内、墜落と感電を体験することができます。VRで墜落制止用器具の使用、感電の恐れのある行動など、実際に起こりがちな鉄道車両屋根上の事故を再現。3パターンのシナリオを用意されており、感電体験には感電装置との連動により、実際に微弱な電流を流す事によってより臨場感のある体験も可能とのことです。

安全体感や研修でVRが活用

VRは文字や画像よりも実際に近い状況を再現できるツールとして、安全体感や研修で活用が進んでいます。東京海上グループでは、車の安全運転に関する教育・支援システムを開発しており、株式会社松屋フーズでは、新人アルバイト向けにVR接客トレーニングを導入しています。

松屋フーズが「VR研修」を本格導入 全国1000店舗以上に | Mogura VR

松屋フーズが「VR研修」を本格導入 全国1000店舗以上に | Mogura VR

MoguraVR

(参考)株式会社積木製作


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

XRコンソーシアムが法人会員を募集、スタートアップ等は年会費免除

2020/01/17 12:00 業界動向

“アナ雪2VR”がアメリカの映画祭で上映、1月下旬

2020/01/17 12:00 VR動画
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集