デイリーランキング

視界に心拍数や速度を表示するスポーツアイウェア向けARプラットフォーム「NexT」

業界動向

2021/11/29 18:30

ナイアンティックが3億ドル調達、ハンドトラッキングのUltraleapにテンセントら出資 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/11/29 08:00

「メタバースは8兆ドルの市場」モルガン・スタンレーが語る

メタバース

2021/11/24 11:30

Robloxが自社プラットフォームのゲームクリエイター向けファンド設立、プロジェクトごとに最小5,500万円から支援

開発

2021/11/29 12:01

VRゲームスタジオResolution Games、別のゲームスタジオを買収

業界動向

2021/11/29 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

松屋フーズが「VR研修」を本格導入 全国1000店舗以上に

株式会社松屋フーズは、新人アルバイト向けにVR接客トレーニングを導入します。VRでリアルな店舗を再現し、正しい動きや感覚を効率よく体得できる、効果の高い研修を実現します。同社は全国1170店舗にて、本VRトレーニングの導入を進める予定です。

このVRトレーニングは、株式会社デジタル・ナレッジと株式会社積木製作による共同制作。松屋フーズによるVRプロジェクト第一弾の取り組みであり、8月より一部店舗で先行実施されています。

自動で接客をスコアリング、複数言語にも対応

松屋フーズが導入するVRトレーニングには「判定機能」が搭載されており、「お冷を入れる、トレーを運ぶ」といった動作や「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの声かけの大きさや速度、目線の高さなどに対し、定められた基準に達しているかを自動で判定します。

言語は日本語のほか、ベトナム語、中国語にも対応しているため、昨今増加している外国人スタッフへのトレーニングでも効果が期待されています。さらに、これまで各店舗のトレーナーが経験に基づいて判断していた部分を標準化することで、実店舗の状況や人に左右されない「OJTの質の均一化」を狙います。

松屋フーズは、「今後、調理やクレーム対応、社員研修など、さまざまな用途へのVR活用を検討している」とコメントしました。

(参考)株式会社デジタル・ナレッジ プレスリリース


【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

【注目の記事】
新しい技術であることを言い訳にしない 集英社と共同でXR組織を立ち上げた「THINK AND SENSE」インタビュー

VTuber事務所ホロライブが新メンバーのオーディションを開催

2019/09/26 11:30 VTuberオーディション

よみうりランドが2020年春にVR施設をオープン ハシラスとコラボ

2019/09/26 11:30 VR体験施設