デイリーランキング

まずは“他人に見られないスマホ”? レノボがARデバイスの試作品発表

業界動向

2019/11/18 11:30

マイクロソフト「HoloLens 2」日本出荷開始、アップルのARグラスは2023年発売か? ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/11/18 08:00

Magic Leap経営陣、CFO含む二名が退社へ

業界動向

2019/11/18 11:45

さながら“どこでもドア”? KDDIが「かぶらないVR」に取り組むワケ

業界動向

2019/11/18 12:00 Sponsored

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

松屋フーズが「VR研修」を本格導入 全国1000店舗以上に

株式会社松屋フーズは、新人アルバイト向けにVR接客トレーニングを導入します。VRでリアルな店舗を再現し、正しい動きや感覚を効率よく体得できる、効果の高い研修を実現します。同社は全国1170店舗にて、本VRトレーニングの導入を進める予定です。

このVRトレーニングは、株式会社デジタル・ナレッジと株式会社積木製作による共同制作。松屋フーズによるVRプロジェクト第一弾の取り組みであり、8月より一部店舗で先行実施されています。

自動で接客をスコアリング、複数言語にも対応

松屋フーズが導入するVRトレーニングには「判定機能」が搭載されており、「お冷を入れる、トレーを運ぶ」といった動作や「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの声かけの大きさや速度、目線の高さなどに対し、定められた基準に達しているかを自動で判定します。

言語は日本語のほか、ベトナム語、中国語にも対応しているため、昨今増加している外国人スタッフへのトレーニングでも効果が期待されています。さらに、これまで各店舗のトレーナーが経験に基づいて判断していた部分を標準化することで、実店舗の状況や人に左右されない「OJTの質の均一化」を狙います。

松屋フーズは、「今後、調理やクレーム対応、社員研修など、さまざまな用途へのVR活用を検討している」とコメントしました。

(参考)株式会社デジタル・ナレッジ プレスリリース



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

VTuber事務所ホロライブが新メンバーのオーディションを開催

2019/09/26 11:30 VTuber 最新ニュース一覧

よみうりランドが2020年春にVR施設をオープン ハシラスとコラボ

2019/09/26 11:30 VR体験施設

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集