デイリーランキング

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

JDIが高精細VR向け液晶を量産開始、メガネ型デバイスに向け

業界動向

2020/02/17 19:34

「Google Chrome」のAR対応が強化、API拡張へ

開発

2020/02/18 18:33

2020年、XR産業の展望は? プレイヤー14社が語る

業界動向

2020/02/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

東京海上グループ、VR交通安全システムを開発 体験講習会を実施

東京海上グループの東京海上日動リスクコンサルティング株式会社は、VRを活用した安全運転に関する教育・支援システムを開発しました。VR内で「どこを見ていたか」のデータを取得し、安全確認の癖などを可視化します。このシステムは、体験型の安全運転講習会等のサービスとして提供予定です。

本システムには「VR運転評価」機能が搭載されており、VR内で「どのタイミングで、どこを見ていたか」を頭の動きから評価。安全確認行動の癖を可視化し、学習効果の向上を図ります。体験者は「駐車場でのバック事故防止教育」等、運転者目線での360度実写映像を体験できます。

VRを用いた体験型の講習会を実施

東京海上日動リスクコンサルティングは、このシステムを使った体験型安全運転講習会を予定しています。講習会では、複数の体験者が同時にVRヘッドセットを装着。運転席からの視界をVRで体験しながら、安全確認のポイントを学習し、ヘッドセット装着者の視界映像を会場設置のプロジェクターに投影、参加者全員で見ることも可能です。

また、上空からのドローン撮影映像を組み合わせることで、車の位置や動きと周囲の障害物等を確認しながら、適切な運転操作や運転席から死角となる部分を学べるとのこと。

今後、東京海上日動リスクコンサルティングは「VR運転評価の機能によって収集したデータの分析とベンチマーク化、並びにアイトラッキング技術の融合による視線分析の精度向上等を通じて、サービスの一層の高度化を図っていく予定」とコメントしています。

交通安全でVRの取り組みが進む

交通安全や交通事故の危険性を伝えるためにVRを活用した取り組みが進んでいます。国内では、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)が後席シートベルト非着用の危険性を体験できるコンテンツを提供、福岡県警は学生向けに、愛知県警は高齢者向けにVRを用いた講習会を実施しています。

福岡県警が"VR飲酒運転体験"を全国初導入、若者に警鐘鳴らす | Mogura VR

福岡県警が"VR飲酒運転体験"を全国初導入、若者に警鐘鳴らす | Mogura VR

MoguraVR

愛知県警、高齢者の交通事故防止にVRを活用 | Mogura VR

愛知県警、高齢者の交通事故防止にVRを活用 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)東京海上日動リスクコンサルティング ニュース


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

Amazonで品切れ中の「Oculus Quest」が再販決定

2019/09/18 11:44 Oculus Quest

法人向けARヘッドセット「X2」発売、価格は約21万円

2019/09/18 11:44 業界動向
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集