デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」

業界動向

2020/02/10 12:00 Sponsored

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

自宅でスーパーカー鑑賞 ポルシェのARアプリで購入前に確認

ドイツの自動車メーカーポルシェが、ARを活用したスマートフォン向け新アプリ「Porsche AR Visualizer」をリリースしました。本アプリは同社の公式サイトと連動して動作するシステムで、サイト上のコンフィギュレーション機能で制作したデータを、端末に転送して使用します。アプリの対応デバイスはiPhone(iOS)とAndroidです。

自宅などでポルシェ鑑賞

「Porsche AR Visualizer」には、複数の機能が備わっています。ユーザーは自分好みのポルシェを公式サイトで制作した後、本アプリのAR機能を利用して、自宅ガレージなど自分の望む場所にポルシェを配置し鑑賞することができます。アプリには自動車の外見からは分からない隠れた機能を確認できるX-Rayモードや、選択した車両を(仮想的に)運転できるインタラクティブドライビングモードといった機能も、実装されています。

アプリのリリースについて、ポルシェのマーケティングコミュニケーションディレクター、Oliver Hoffmann氏は以下のようにコメントしています。

新アプリによって(公式サイトの)コンフィギュレーション(機能)は、よりデジタルな体験となりました。これからは実際に購入の決断を行う前に、顧客の皆様は自分が購入する予定のポルシェをアプリで確認し、友人の方に見せたりすることも可能となります。

現在は3車種のみに対応

2019年5月現在「Porsche AR Visualizer」には、ポルシェの全車種のうち、Porsche 911 カレラ S、カイエン クーペ、コンセプトカー「Mission E(正式名称タイカン)」の3車種のみが対応しています。ポルシェは2019年秋に「Mission E」は、市販モデルのタイカンに置き換えられると説明。また年末までに、全車種をアプリに対応させる予定としています。

(参考)Digital Trends


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

ギャツビー、爽快×ホラーで暑さ対策? ユニークなVRコンテンツ公開

2019/05/30 11:00 話題

ARヘッドセットのMetaが新会社で復活 代表はクァルコムの元幹部

2019/05/30 11:00 業界動向
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集