デイリーランキング

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

ジョン・カーマック、2014年のフェイスブックによるOculus買収について語る

業界動向

2021/02/25 12:30

VR/AR開発のMark-on、VTuber配信アプリと3Dモデル制作がセットのパッケージ販売開始

業界動向

2021/02/24 11:20

文科省がさらにVR教育プログラムを採択 今度は調理師向け

活用事例

2021/02/25 11:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

パナソニックのVRグラス「超小型・高解像度」実現のカギは?

CES2021にてアップデートが発表された、パナソニックのメガネ型VRデバイス。2020年に発表された前モデルに引き続き、超小型ディスプレイを手掛けるKopin社の技術が採用されていることが明らかになりました。

史上初のHDR1対応VRデバイス

パナソニックのメガネ型VRデバイスは水泳ゴーグルのようなデザインに加え、VRデバイスとしては史上初のHDR(ハイダイナミックレンジ)1への対応を謳い、高い解像度を実現。そのビジュアル、性能から業界に大きなインパクトを与えました。

パナソニックはVR市場に殴り込めるか? 眼鏡型VRデバイスから感じた期待と課題【CES2020】 | Mogura VR

パナソニックはVR市場に殴り込めるか? 眼鏡型VRデバイスから感じた期待と課題【CES2020】 | Mogura VR

MoguraVR

CES2021で発表されたバージョンもメガネ型の形状のまま、様々なアップデートが加えられています。2020年には4K相当(片目2048×2048)だったパネルは、5Kに更新。引き続きHDR1にも対応し、さらなる高画質に挑戦しています。

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート 解像度5K、6DoF、PCとスマホ両接続に | Mogura VR

パナソニックの眼鏡型VRデバイスがアップデート 解像度5K、6DoF、PCとスマホ両接続に | Mogura VR

MoguraVR

超小型・高解像度ディスプレイのKopinを採用

パナソニックのVRデバイスには、Kopin社の有機ELディスプレイが継続して採用されています。片目当たり2560×2560の解像度を誇るこの超小型ディスプレイは、Kopinの特許技術「ColorMax」により高い色忠実度(sRGB 100%超)を、ディスプレイの二層構造により高輝度(1000nit超)をそれぞれ実現しています。また10bitカラーにも対応し、極めてクオリティの高い映像表現が可能になったということです。

https://www.youtube.com/watch?v=DqVVn9O4fX0

Kopin社CEOのJohn C.C. Fan氏は、「我々はディスプレイに関し、パナソニックと非常に密に協業してきました(中略)パナソニックのVRグラスの最終的な形態は、高いパフォーマンスと快適なデザインを共に実現しています」と話しました。

(参考)businesswire, Kopin


Rokidが新たなメガネ型ARデバイスを発表、ウェーブガイド技術採用

2021/01/20 18:30 テック

【ポケモンGO】ジョウト地方テーマイベントの詳細発表

2021/01/20 18:30 ポケモンGO