デイリーランキング

立体的に覗き込める「デジタル水槽」、環境省の施設に導入 「Looking Glass」を活用

活用事例

2020/07/13 19:05

Magic Leapの新CEOは現マイクロソフト役員、 SteamのVRデバイス利用状況調査が公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/13 08:00

ARグラス関連か? アップルのサプライヤーが「半透過型レンズ」試作中

業界動向

2020/07/13 11:30

VRフィットネス「BOXVR」開発元が750万ドル調達 新製品開発を加速

投資

2020/07/13 12:00

【最新版】VRってなに? 仕組みや活用事例も含め徹底解説

業界動向

2020/07/12 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus Quest向けアプリ配信が簡単に――2021年からは審査不要の「新たな方法」追加、公式発表

フェイスブックは、一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」向けコンテンツ戦略の変更を発表しました。デベロッパーは2021年から、現在設けられている厳格な審査を受けず、すべてのユーザー向けにアプリを配信可能となる見通しです。

2021年初旬から審査不要に

この内容は6月23日、開発者向けブログ記事で公開されました。フェイスブックは現在のコンテンツ審査の仕組がうまく作用し、10作品以上が200万ドル(約2億1,000万円)の収益を達成している点に言及。しかしエコシステムの健全化と持続性のために、開発者へ”新たな道”を開くことを表明しました。

具体的には2021年初旬から、コンテンツを配信する新しいルートを設けるとのことです。この「新しいルート」では、Oculus Storeによる審査を受ける必要や、サイドローディング(※)アプリを使う必要もありません(原文:“This will enable developers to share their apps to anyone with a Quest, without having to be accepted into the Oculus Store, and without the need for sideloading.”)。

(※サイドローディング:正規のアプリストア(この場合はOculus Store)以外から、アプリを入手しインストールすること)

フェイスブックはこのシステムにより、アプリがより広くシェアされることや、アーリーステージのコンテンツのテスト機会になることを期待しています。なお、Oculusのプラットフォームポリシーコンテンツポリシーについては、引き続き遵守が求められます。

「SideQuest」隆盛が背景?

Quest向けコンテンツ審査が変化するとの動向は、2020年3月に報じられました。その際背景として論じられたのは、フェイスブック社が審査で却下したコンテンツが、ときにサイドローディングアプリ「SideQuest」で人気を集める、という現状です。

 Oculus Quest向けコンテンツ審査に変化か 公式な「SideQuest」の代替? | Mogura VR

 Oculus Quest向けコンテンツ審査に変化か 公式な「SideQuest」の代替? | Mogura VR

MoguraVR

フェイスブックは今回のブロク記事内でも「我々は多くの開発者や熱心な人(訳注:VRユーザー)が、より簡単にビジネスを行ったり、アプリを配信したりするOculus Store以外の方法を求めている、と聞いています」と触れました。

新たなチャネルの詳細は記述されていませんが、開発者・ユーザーにとっての明るいニュースとして、続報が待たれます。

(参考)Oculus DeveloperOculus Blog


【Oculus Quest】90年代っぽいVRゲーム Quest版が発表

2020/06/24 13:07 ゲーム・アプリ

ホロライブ所属の桐生ココ 3Dお披露目配信が決定!

2020/06/24 13:07 VTuber 最新ニュース一覧