デイリーランキング

フェイスブック、軽量小型の“VRグラス”研究成果を公開

テック

2020/06/30 19:21

PwCがVRトレーニングの有用性を報告、学習速度や集中力は4倍以上

統計・データ

2020/06/30 11:40

VRヘッドセット「HP Reverb G2」9月上旬に国内発売、日本HPが発表

業界動向

2020/06/30 15:00

ドコモが点群データ活用サービスを提供開始

活用事例

2020/07/01 12:30

KDDIとレッドブル・ジャパンが提携、XRで“新たなスポーツ観戦”を

業界動向

2020/07/01 19:39

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

Oculus Goとロボットのカメラが連動、技術応用に期待

遠隔地に実際に存在しているかのような臨場感を持ち、行動するための“テレイグジスタンス”技術。離れた場所で動くロボットを操作し、その視点をVRヘッドセットを通じて見たり、といったことが可能です。この“テレイグジスタンス”を身近に感じられる技術が、一体型VRヘッドセットOculus Goを用いて実現されました。

趣味でロボット制作を手掛けているというスプライタ氏(@Spri_ta)が開発した技術では、ヘッドセットを動かすと、その動きに連動してロボットの頭部が動きます。ヘッドセットからは、頭部カメラの画像を見ることも可能です。ロボットに見える画像をヘッドセットで確認しながら操作する、ということができるようになります。

テレイグジスタンスの実用化に向けた事例は、ANAが取り組む遠隔地からの旅行体験「ANA AVATAR」や、TX Inc.のロボット「MODEL H」などがあります。しかし、これらの多くはPC向けヘッドセットを用いており、動きやすさやコスト面に課題が残ります。

その点、今回の例では一体型ヘッドセットを用いており、より手軽な利用が期待できます。スプライタ氏も「テレイグジステンスやアバターロボットに使えれば」と活用方法についてコメントしており、今後の展開が楽しみな技術です。

(参考)Twitter



【Mogura主催のイベント情報】
・キープレイヤーが語る、コロナ時代のVR/ARビジネス その実情と可能性(06/30までアーカイブ配信中)

【Mogura主催のイベント情報】
・キープレイヤーが語る、コロナ時代のVR/ARビジネス その実情と可能性(06/30までアーカイブ配信中)

【Oculus Go】7月第2週の新作&注目のVRゲーム・アプリ

2018/07/22 12:30 Oculus Go 最新情報

VRゲームや飲食が楽しめる「VREX」で小中学生無料キャンペーン、8月末まで

2018/07/22 12:30 VR体験施設
VR/AR/MR 用語集