デイリーランキング

アップルが新特許を大量取得、AR機能などに活用か

業界動向

2019/10/18 11:30

“PS5”は2020年末発売、フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」独占取材 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/10/15 08:00

大型台風をVR体験、効果的に防災意識を向上

活用事例

2019/10/17 19:00

Oculus Quest、今後はどうなる? 期待の新要素まとめ

Oculus Quest

2019/10/05 19:30

UbisoftのVR脱出ゲーム、設置施設が全世界200カ所を突破 人気の秘訣は?

業界動向

2019/10/18 19:55

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

不動産VRのナーブがアイリッジと業務提携、ビジネスVRソリューション提供

不動産事業などへのビジネス向けVRサービスを手掛けるナーブ株式会社は、株式会社アイリッジとの「ビジネスVR×O2Oソリューション」分野における業務提携を発表しました。両社は本ソリューションの共同開発や展開を推進するとともに、ナーブのVR接客ツール「どこでもストア」を通じて不動産の情報を提供、商業施設への集客やユーザーの行動解析などを行います。

(※O2O/Online to Offline……消費者にインターネット上のウェブサイトやアプリを通じて情報を提供し、実店舗への集客や販売促進に繋げることを指す)

本ソリューションの第一弾展開先は、不動産向けデジタルサービスを多数展開する株式会社DGコミュニケーションズとなっています。同社はアイリッジと共同でソリューションを展開しており、またナーブの調査によれば不動産業界はVRとの親和性が高いことから、DGコミュニケーションズに決定されたとのこと。

ナーブは不動産や建設、旅行、航空、船舶、自動車といった業界にビジネス向けVRシステムを提供しています。不動産業界に対しては、不動産の店舗で物件の内見を行える「VR内見」や「どこでもストア」を提供、三菱地所や東急不動産ホールディングスグループと業務提携を行っています。

一方のアイリッジは、企業向けにO2Oアプリの企画・開発・運用を行っています。今回の提携により、アイリッジのO2Oソリューション「popinfo」を活用して集客と利用ユーザーの行動解析・効果測定を実現し、競争力の強化を図ります。

ナーブとアイリッジは不動産業界、小売・流通業界、鉄道業界など親和性の高い顧客を通して、「ビジネスVR×O2Oソリューション」の普及・拡大を進めていくとしています。

(参考)ナーブ株式会社 プレスリリース


松竹が取り組むVR/VTuber 新会社「ミエクル」本格始動、歌舞伎やお笑いをVR化

2018/12/28 12:00 業界動向

バーチャルキャストがアプデ、期間限定で「お正月」ギフトが追加

2018/12/28 12:00 VTuber 最新ニュース一覧

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集