デイリーランキング

世界中からメタバース関連の話題をお届け メタバース通信 vol.21

メタバース

2022/01/14 14:55

VR/ARでの利用も視野、「電子コンタクトレンズ」を開発するInWith

テック

2022/01/11 11:00

XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」、1月19日にオンライン開催

セミナー

2022/01/13 17:00

不動産内見の最新スタイル! 東急不動産とハシラスが実現した「VRモデルルーム」

活用事例

2022/01/14 17:00 Sponsored

VRモデリングツール「Microsoft Maquette」が開発中止へ

業界動向

2022/01/11 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

欧州の航空業界でVR飛行訓練が導入、フィンランドVarjoの超高解像度ヘッドセット採用

航空事業関連の訓練を手掛けるルフトハンザ・アビエーション・トレーニングは、XRを使ったシミュレーターを導入します。Varjo(ヴァルヨ)製の超高解像度ヘッドセットを活用、操縦士の訓練を行います。

コックピットと外界を再現

このフライトシミュレーターは、スイスのBrunner Elektronik製の「NovaSimMR」です。“極めてリアルなトレーニング環境とフライト体験を、適切な価格で実現すること”を目指して設計されており、ソフトウェアは航空機トレーニングのFlightSafety International社と、Varjoが開発に協力しています。

体験者はVarjoのVR/ARヘッドセット「XR-3」を装着し、シミュレーターを操作します。リアルに再現されたコックピット・機体の外に広がる360度の景色共にデバイスを通して確認しながら操作訓練を行える、というものです。

「バーチャルがリアルに見える唯一のデバイス」

VarjoのXR-3は、70PPD(Pixel Per Degree、視野角1度当たりの解像度)という”人の眼レベル”の解像度を誇り、視野角は115度。Brunner Elektronik社によれば、「バーチャルなオブジェクトがリアルなものに見える唯一のデバイス」ということです。この高解像度、そしてARとVRを簡単に切り替えられる機能を活かし、現実のようなフライト訓練を提供していきます。

Varjoについてはこちらから。

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に | Mogura VR

超高解像度VRのVarjoが新製品VR-3・XR-3発表、性能向上に軽量化 価格は約半分に | Mogura VR

MoguraVR

超高解像度VRのVarjo、Unityの公認ソリューションパートナーに 開発者支援プログラムも | Mogura VR

超高解像度VRのVarjo、Unityの公認ソリューションパートナーに 開発者支援プログラムも | Mogura VR

MoguraVR

(参考)AVwebBrunner Elektronik


【注目の記事】
・XR/メタバースの海外最新動向を語る「CES2022報告会」がオンラインで無料開催、1月19日
・殴って殴って殴りまくるVRリズムアクション「Blast Beat」発売! 1月21日まで20%オフ

【ポケモンGO】2021年の季節イベント開催! レジギガスが出現

2021/06/16 19:00 ポケモンGO

梅雨の時期にまったりできる和風なVRのワールドが登場

2021/06/16 19:00 話題
VR/AR/MR 用語集