デイリーランキング

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

2019年、VRは大きな転換点を迎えた

業界動向

2020/02/17 11:30

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

いまだCEOと接触できず Magic LeapとNreal、訴訟の行く末は

MRヘッドセット「Magic Leap One」を手がけるMagic Leap(マジックリープ)社が、メガネ型MRデバイスを開発するNreal社を告訴してから4ヶ月以上が経過しました。この件について、新たな事実が明らかになりつつあるようです。

機密情報の盗用で申立

Magic Leapは2019年6月、「元Magic Leapの従業員が、デバイス開発に関する機密情報を漏洩し、自身の設立した中国企業で盗用した」という内容でNreal社とそのCEO、Chi Xu氏に対して申立を行いました。

Magic LeapがnrealのCEOを告訴、従業員時代に技術盗用か | Mogura VR

Magic LeapがnrealのCEOを告訴、従業員時代に技術盗用か | Mogura VR

MoguraVR

この申立について、6月に米メディアNext RealityがNrealに問い合わせたところ、同社広報は次のようにMagic Leapの主張を否定しています:「我々は、メディアの当社とMagic Leapの件に関する報道を耳にしています。告訴内容は誤りであり、まったくの反競争的行為です。現在の情報だけでは、これ以上コメントできません」

Xu氏といまだ接触できず

今回新たに判明したのは、2019年6月当時のMagic Leapは、Nrealが申立に関する法的文書を受領したかどうか、またXu氏の所在についても把握できていなかった、ということです。

9月にMagic Leapが提出した書類によれば、同社は私立探偵を雇ってまでXu氏を追っているとのこと。またNrealのSNSをウォッチし、AWE(※Augmented World Expo、年に一度行われる大規模なAR関連イベント)の会場でXu氏を探す等、接触を試みています。この状況からは、すでにメールや文書でのコンタクトに失敗していることがうかがわれます。

最終的には9月12日、Magic LeapはNrealの弁護人であるDiana Rutowski氏と電話で訴訟について会話できたとしています。

なお公開された文書中、判決を行う裁判官としてLucy H. Koh氏の名前が記載されている点は注目を集めそうです。同氏は過去、アップルとサムスンのスマートフォン特許を巡る訴訟を担当、アップルの証人喚問に対して忠告を行ったことで話題となりました。

両社の法廷での対面は、当初2019年10月30日が予定されていました。しかし、記事執筆時点では2020年1月までずれ込むもようです。

(参考)Next Reality


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

“PSVR2”はコントローラーにもカメラ搭載? Varjoの“人の眼レベル”超高解像度VRに新型登場 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/10/21 11:30 業界動向

この動画がすごい!今週のおすすめVTuber動画(10月12日~10月18日)

2019/10/21 11:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集