デイリーランキング

グーグルがついに「Google Glass」の新モデルを発表、約11万円 法人向けに

テック

2019/05/21 12:30 New

グーグルが360度動画撮影プログラムを終了へ。他社ツール充実が背景に

業界動向

2019/05/20 19:00

視線追跡機能搭載「VIVE Pro Eye」欧中予約開始、VTuberライブのバルスが3.5億円調達 – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/05/20 08:00

VR都市開発ゲームが世界中の企業から注目を集めているわけ

業界動向

2019/05/20 11:45

ビリビリ動画内のバーチャル配信者、6,000名を上回ると発表

VTuber

2019/05/20 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

3D映像を立体的に見ることができる据え置き型裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass(ルッキング・グラス)」が、クラウドファンディングサイト・Makuakeにて2月26日より提供開始されます。

Makuake内では購入者に対して日本語版の仕様マニュアル、カスタマーサポートなども用意。2019年2月18日現在、国内価格は不明ですが、日本向けの特別価格で提供されます。

この発表は、2019年2月18日に都内で開催された開発者向けイベント「Looking Glass勉強会」にて登壇したLooking Glass Factory社CEOのSHAWN FRAYNE氏がサプライズで行いました。

「Looking Glass」は、厚みのあるディスプレイに映像を表示させることにより、3D映像を裸眼で立体的に見ることが可能なデバイスです。2018年にKickstarterでのクラウドファンディングで約84万ドル(約9,000万円)を集めました。2018年末より、クラウドファンディングの出資者に製品が届き始め、開発者の間で話題を集めていました。


(Twitterには、多くの開発者がLooking Glass向けに作った作品を投稿している)

国内では、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」がすでに対応しています。

今回、MakuakeにはLooking Glassが2月26日より45日間登場します。期間中は日本限定特別価格で提供されるとのこと。Makuakeでは、日本のユーザー向けに以下の特典が用意されます。

・日本語版Looking Glassの仕様マニュアル
・日本語対応カスタマーサポート
・Looking Glass日本限定ステッカー&ペンセット

米ドル価格は以下の通りです。
・Standard Looking Glass(8.9インチ) 599ドル
・Large Looking Glass(15.6インチ)3,000ドル

洗って繰り返し使える「マイニンジャマスク」2月22日発売

2019/02/18 20:33 話題

グーグルがARCoreをアップデート、ARの制作手法を学べるガイドアプリも登場

2019/02/18 20:33 ARCore