デイリーランキング

目指すは“デバイス不要のVR” 開発企業が約30億調達、将来的には家庭用も

投資

2019/08/15 12:00

Oculus最後の共同創業者、フェイスブックを去る

業界動向

2019/08/14 12:30

VR ZONEに続くVR体験施設「MAZARIA」、池袋で7月12日オープン 「太鼓の達人VR」が新登場!

VR体験施設

2019/06/20 11:38

ファーウェイが“5G×ARクラウド”の「Cyberverse」発表

業界動向

2019/08/14 19:30

“目に入れるだけのAR”特許が明らかに、脳スキャン操作をフェイスブックが開発中  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/08/13 08:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

JR九州とNTTドコモが協業、ARで観光情報を「列車の窓」に表示

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)と株式会社NTTドコモは、新たな情報表示プラットフォームとして「列車の窓」を活用する列車内観光サービスの実現に向けた協業協定を2019年1月25日に締結しました。風景に合わせた観光情報を、AR技術などにより車窓へリアルタイムで表示。音声操作やタッチパネルで必要な情報をインタラクティブに提供することで、利用者の満足度を向上させるサービス創出を目指します。

両社は、AR/VR/MRなど(XR)や第5世代移動通信システム(5G)などといった先進技術の活用を視野に、2020年のサービス実用化を目標に取り組みを行います。本取り組みには技術面の共同検討パートナーとして、株式会社ゼンリンデータコムが参画しています。

https://www.youtube.com/watch?v=A6YkfIyzyiY

本協定では列車内における新体感観光サービスの提供以外にも、利用者のスマートフォンやタブレット端末と連携し、列車降車時から目的地までの観光ガイドを提供します。また、多言語に対応することで、より利用者へ寄り添う観光ガイドサービスを検討していくとのこと。

本取り組みの将来の展望としては、沿線地域の活性化や社会課題の解決を視野に、地域文化や伝統工芸、特産品などといった観光資源の魅力を利用者へ効果的に伝えることができる、観光ガイドとしての価値創出に向けて取り組むとしています。

なお2019年春より、「肥薩線人吉駅~吉松駅区間」を走行するD&S;(デザイン・ストーリー)列車「いさぶろう・しんぺい」の車内にて、列車の走行位置に応じた観光情報をタブレット端末上で提供するサービス導入検証の実証実験が行われます。

(参考)九州旅客鉄道株式会社 プレスリリース


中国企業が合同でバーチャルアイドルファンド立ち上げ 1億元規模の投資や産業構造形成、3Dアバターの統一規格「OpenVIM」普及狙う

2019/01/29 12:30 業界動向

VR導入の進む不動産業界、リストグループが新たにVR内覧を全支店へ

2019/01/29 12:30 シミュレーション・接客