デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

OculusのCTO、VRの現状には「満足していない」

業界動向

2019/11/13 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

アップル製ARグラスは2023年発売か? 新VR/ARヘッドセット開発の情報も

業界動向

2019/11/13 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VRからARに転身したスタートアップJaunt、ついに資産売却

VRコンテンツ制作やプラットフォーム、ARソリューションを手掛けてきた米国のスタートアップJauntが、米通信大手のVerizon(ベライゾン)に資産売却を行いました。ソフトウェア、技術、及び「その他資産」を売却したと発表しています。

VRの古参スタートアップ

Jauntは2013年に設立された企業です。ライブやスポーツなどの360度動画を楽しめるVRアプリ「Jaunt」や、プロ仕様の高性能360度カメラ「Jaunt ONE」など、実写中心の製品およびコンテンツを発表・提供してきました。

しかし2018年10月、同社は大規模なレイオフを発表。ARとボリューメトリック技術(人物等の立体的な情報を取得しそのままCG化する技術)に専念し、既存のVR関連プロジェクト、コンテンツ・サービスの大半を縮小することを明らかにしました。

360度プラットフォーム運営のJaunt、大規模レイオフ VRからARへシフト

360度プラットフォーム運営のJaunt、大規模レイオフ VRからARへシフト

MoguraVR

譲渡額や人員については不明

今回の資産取得金額や、Jaunt社人員の扱いについては、両社共に公表していません。ただしJauntは「ソフトウェア、技術のうち選択した一部」を移管し、一定期間Verizonをサポートすると表明しています。

「我々は、Verizonが当社の技術を取得したことに興奮しています」とJauntのCEO、Mitzi Reaugh氏はプレスリリースで述べました。「当社のチームは最先端のソフトウェアを開発してきました。Verizonと共に切り開く新たなステージを楽しみにしています」

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

リコーとLIFULLが提携、HOME’Sで360度コンテンツ

2019/10/02 11:30 業界動向

VRでヴェルサイユ宮殿を観光、Steamで無料公開中

2019/10/02 11:30 ゲーム・アプリ

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集