デイリーランキング

茨城県、VTuber起用で約2億4,000万円の効果

業界動向

2019/04/22 19:02

ニンテンドースイッチのVR Kitは「最初期から構想されていた」開発者がコメント

業界動向

2019/04/24 11:30

Oculus Riftが販売終了、F8でRift S発売の前触れか?

業界動向

2019/04/24 18:30

「自由に歩ける360度動画」、フォージビジョンが特許取得

活用事例

2019/04/24 19:00

テキサスのVR体験施設、運用開始から1ヵ月で約340万円の収益を達成

業界動向

2019/04/24 11:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

360度プラットフォーム運営のJaunt、大規模レイオフ VRからARへシフト

VRコンテンツ制作やプラットフォームを手掛ける米国のスタートアップJauntが、大規模なレイオフを行っています。VRコンテンツ・サービス事業を縮小し、AR分野へ注力するのが目的です。

VRコンテンツ・カメラからB2Bサービスへ

Jauntは、2013年にVR映画や360度のエンターテインメントを見るためのプラットフォームとして登場しました。以降、数十億円規模の資金調達も行い、ライブやスポーツなど360度動画を楽しめるVRアプリ「Jaunt」や、プロ仕様の高性能360度カメラ「Jaunt ONE」など実写中心の製品・サービス・コンテンツを発表してきました。

一方で2018年8月、リアルタイムに3DアバターをARで表示させる技術を公開。この技術も足がかりとし、制作技術をパートナーへ提供するB2Bビジネスへの転換を公言していました。翌9月にはVR/ARコンテンツストリーミングを行うPersonify社のTeleporter事業買収を発表し、B2B向けのプラットフォーム事業の補強・加速を進めてきました。

リアルタイムに実写アバターが動く 古参VRスタートアップが注力

リアルタイムに実写アバターが動く 古参VRスタートアップが注力

MoguraVR

360度動画からAR領域へ?米スタートアップJauntが技術買収

360度動画からAR領域へ?米スタートアップJauntが技術買収

MoguraVR

VR事業は縮小予定

同社がメディアVarietyへ回答した内容によると、「当社(Jaunt)を再構築するために、非常に多くのスタッフを解雇することになった」ということです。
また同社はブログ記事の中で、今後ARとボリューメトリック技術(人物等の立体的な情報を取得しそのままCG化する技術)に専念すると発表。既存のVR関連プロジェクト、コンテンツ・サービスの大半は、今後数週間で段階的に縮小予定だとしています。

経営陣も刷新されており、10月1日付でCEOがGeorge Kliavkoff氏から、グローバル・ビジネス部門前バイスプレジデントのMitzi Reaugh氏に交替。さらにCTOのArthur van Hoff氏も、自身のLinkedinのプロフィールで同社を去ることをほのめかしています。

Jauntはブログ記事を、「我々はXRコンテンツ・技術の将来にわくわくしています。そして新しく事業に集中するJauntが、XRのイノベーションとリーダーシップにおいて、レガシーを作り続けることを楽しみにしています」と締めくくっています。

(参考)UploadVRVariety




VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」





VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

明治、VRゴーグルでチョコレートツアー

2018/10/16 12:00 イベント情報

腕に巻くVR/AR向けコントローラーでエクササイズ、AIがサポート

2018/10/16 12:00 テック
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集