デイリーランキング

立体的に覗き込める「デジタル水槽」、環境省の施設に導入 「Looking Glass」を活用

活用事例

2020/07/13 19:05

Magic Leapの新CEOは現マイクロソフト役員、 SteamのVRデバイス利用状況調査が公開 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/07/13 08:00

ARグラス関連か? アップルのサプライヤーが「半透過型レンズ」試作中

業界動向

2020/07/13 11:30

VRフィットネス「BOXVR」開発元が750万ドル調達 新製品開発を加速

投資

2020/07/13 12:00

【最新版】VRってなに? 仕組みや活用事例も含め徹底解説

業界動向

2020/07/12 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブック、軽量小型の“VRグラス”研究成果を公開

フェイスブックのVR/AR研究部門であるFacebook Reality Labsは、VR向け超小型ディスプレイの研究成果を発表しました。タイトルは「Holographic Optics for Thin and Lightweight Virtual Reality(薄型かつ軽量VRのためのホログラフィック光学系)」。このディスプレイは偏光式の折り畳み光学系と、ホログラフィックレンズという2つの技術で構成されています。

これらの技術を組み合わせることで、“VRグラス”と呼べるサイズのデバイス作成に成功したとのこと。サイズや薄さ以外にも、現行VRヘッドセットで使われているディスプレイと比較し、幅広い色域をサポートできる点や、より“人の眼レベル”に近い解像度を得たことも報告されています。

今回制作された概念検証モデルは、あくまでもディスプレイの“進化”に焦点を絞ったもので、トラッキング用カメラや光源(レーザー)は実装されていません。研究者も「現在のレーザー(光源)モジュールは、一般的なLEDよりも大型な場合が多いことから、(VR)グラスに光源を実装しようとする際には困難が伴う」と説明しています。

2020年6月現在、今回発表された技術は、まだ研究段階のコンセプトです。一般向けのVRヘッドセット(デバイス)に実装されるのは、何年も先のことでしょう。より“効率的”なアイディアが将来的に考案される可能性もあります。現段階では、フェイスブックの研究は、フォームファクタでは、フルカラー映像に対応していません(概念検証モデルでは実現済)。

概念検証モデル自体もアイボックス(使用者の目が映像を見ることができるスペース)が小さいという課題を抱えています。また、網膜レベルの解像度の達成には、より解像度の高いディスプレイが普及することが必要となるほか、専用のキャリブレーションプログラムも開発しなければなりません。

様々な課題は残るものの、フェイスブックの研究は、VRヘッドセットの未来のひとつを示していると言えるでしょう。同社がこの技術コンセプトを実際にリリースするのか、それともプロトタイプ止まりで終わるのか――今後の発表に、注目していきたいところです。

2D動画の3D化や精巧な合成技術……フェイスブックの研究成果公開 | Mogura VR

2D動画の3D化や精巧な合成技術……フェイスブックの研究成果公開 | Mogura VR

MoguraVR

未来のオフィスワークはこんな感じ? フェイスブックがイメージ映像を公開 | Mogura VR

未来のオフィスワークはこんな感じ? フェイスブックがイメージ映像を公開 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VRFacebook Reality Labs(※リンク先pdf)

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


ピーナッツくんに続くか? ぽんぽこが「ゆるキャラグランプリ2020」出場決定

2020/06/30 19:21 VTuber 最新ニュース一覧

“AR時代の自撮り”を体験、MESONと博報堂グループが公開

2020/06/30 19:21 業界動向