デイリーランキング

パナソニックの「超軽量・眼鏡型VRデバイス」体験会が開催、全3回

業界動向

2020/04/03 11:00 Sponsored

VTuber事業のActiv8が約10億円調達、VRライブシステム開発へ

投資

2020/04/01 18:30

ARで“空間にメモ”できる業務向けアプリ、LiDARにも対応

活用事例

2020/04/02 12:00

DMMと東京大学がVR空間のUIを共同研究、新しいVR体験を開発

業界動向

2020/04/01 19:00

フェイスブック、マイクロLEDメーカーと独占契約 ARグラス開発用か

業界動向

2020/04/01 13:06

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ゴールドマン・サックス、VRとARが「次世代のコンピューティング・プラットフォーム」になると主張

ゴールドマン・サックスは2月1日に公開した動画(英語)にて、同社が考えているVR/ARの将来性、見通しについて明らかにしています。

https://www.youtube.com/watch?v=imZ_4cO0P7Y

通信・メディア・技術部門のビジネスユニットリーダーであるヘザー・ベリー二氏は、現時点でのVR/AR分野の大きな障害の一つは価格だとしつつも、最終的には価格が下がり、2025年までにVR/AR市場は現在のデスクトップPC市場と同程度になるとの見解を述べています。

ベリーニ氏は「今ではVRはハードコアゲーマーのためのものだと思われていますが、人々が毎日触れるようになるインパクトをもった分野です」として不動産や医療などの分野での応用可能性を例として挙げました。

さらにベリーニ氏は、10年前に訪れた過去のVRブームで、当時もVRがメインストリームになると思っている人はいたが、時期尚早だったことにも触れています。10年前と現在の違いとしてプロセッサの処理速度やグラフィックカードの進化を挙げ、FPS(Frame per second、一秒あたりの描画回数)を高めることが可能担った結果、酔いを感じることがなくなった(自然になった)と述べています。

1月にもゴールドマン・サックスは、VR/AR市場動向を予測したレポートを発表しています。

(関連記事)
ゴールドマン・サックス、今後10年でのVR/AR市場の可能性を予測

(参考)
Road to VR / Goldman Sachs: VR and AR “Will Be the Next Generation Computing Platform”
http://www.roadtovr.com/goldman-sachs-vr-and-ar-will-be-the-next-generation-computing-platform/


【Gear VR】2月第2週の新作リリース情報

2016/02/15 11:30 ゲーム・アプリ

日本国内のVRニュース、イベント情報ピックアップ #3

2016/02/15 11:30 イベント情報

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集