デイリーランキング

MRデバイス「HoloLens 2」、マイクロソフトストアで販売開始

業界動向

2020/07/02 19:00

HoloLens 2のレンタルサービスが開始、月額6万円から 長期割引も

業界動向

2020/07/02 11:30

KDDIとレッドブル・ジャパンが提携、XRで“新たなスポーツ観戦”を

業界動向

2020/07/01 19:39

リモートで3Dデザインを共同制作、ドコモが「Virtual Design Atelier」スタート

業界動向

2020/07/02 12:00

フェイスブック、軽量小型の“VRグラス”研究成果を公開

テック

2020/06/30 19:21

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ゴールドマン・サックス、今後10年でのVR/AR市場の可能性を予測

Bloombergによると、アメリカの大手投資銀行ゴールドマン・サックスは、最近の報告書Goldman Sachs Global Investment Researchの中で、VR/AR市場の今後の予測について言及しています。

出荷台数の立ち上がりは遅いが、ポテンシャルは大きい

20160118175252


普及台数の予測です(単位は千台)。スマートフォンやタブレットPCに比べると立ち上がりに時間がかかることを示唆しています。(スマートフォンは2004年から2012年の実績値、タブレットPCは2010年から2016年までの数値)。グラフによると、VR/AR機器の出荷台数は、最も早い場合で3億台程度、ベースとなる予測で1億台程度、遅い場合は5,000万台程度です。ゴールドマン・サックスのアナリストは「技術の進歩により価格が下がり、BtoB、Btocともアプリケーションの新たな市場が立ち上がる。我々はVR/ARが数十億ドル(数千億円)の市場を生み出し、PCに新時代をもたらす可能性があると見ている」とコメントしています。

ハードウェア市場規模はTVを抜く可能性も

20160118175256


ハードウェアの市場規模を予測したグラフです。最も加速した場合で1100億ドル(約13兆円)とテレビの990億ドル(約12兆円)を超える可能性があります。通常通りの普及であれば450億ドル、最も遅い場合で150億ドルとの予測です。なお、ゴールドマン・サックスは、最も加速した場合のソフトウェア市場を720億ドルと予測しています。

用途は、ゲーム、ヘルスケア、エンジニアリング、ライブ中継、映像エンターテインメントの順

20160118175300
2025年時点での用途としてはゲームが最も多く116億ドル、医療等のヘルスケア51億ドル、エンジニアリング47億ドル、ライブイベント41億ドル、映像エンターテイメント32億ドルと続きます。

ヘッドマウントディスプレイの価格は過去のデバイスと同じ経路を辿る

20160118175303
また、ゴールドマン・サックスはデバイスの価格について、重要だとし、スマートフォン、デスクトップPC、ノートPC等の価格の戯作を例に出し、20年程度かけて年5~10%ほど下落していくことを示唆。VR用のヘッドマウントディスプレイもこの程度の価格で下がっていくと予測しています(グラフはVRHMD以外のこれまでの電子機器の価格の変遷を示したもの)。



 

【CES2016】手、表情、足。VRでのより直感的な操作を目指して様々な入力装置が出展

2016/01/18 19:30 テック

【Gear VR】車を破壊して渋滞を阻止するタワーディフェンスゲーム『Evil Robot Traffic Jam』

2016/01/18 19:30 ゲーム・アプリ