デイリーランキング

VR/ARのビジネス活用事例10選。国内外で業務効率向上やコスト削減に

ビジネス活用事例

2019/01/21 11:00

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグルマップの地図データでゲーム開発 開発者が利用可能に

グーグルは、ゲーム開発にグーグルマップの地図データを使用できる機能を「Google Map APIs」に追加しました。『ポケモンGO』のような位置情報ゲームなど現実をベースとしたゲームの開発が容易となることが期待されます。

Unityと統合し簡単に使えるように

この機能はゲームエンジン「Unity」と統合され、ゲーム開発者はグーグルマップの地図データをUnity上に取り込み、自身のゲーム開発に活用することができます。このAPIから得られるデータは建物、道路、観光名所、カフェ、公園など数百万の3Dオブジェクトや、ニューヨークから東京までの1億以上の位置情報に及んでいます。

また地図データを取り込むだけでなく、そのデータに変更を加えることもできる機能も搭載。開発しているゲームの雰囲気に合わせて自由に変更できます。動画では実際の都市を中世風・ファンタジー風・近未来風に変更するシーンが紹介されており、自身でアセット(素材となるデータ)を集めて組み合わせるのに比べ、ゲーム開発が大幅に簡略化されることが予想されます。

https://www.youtube.com/watch?v=7Bbd5dbuPBc

パートナー企業による導入事例3種

同社はパートナー企業による導入事例も同時に公開しています。3社の事例はいずれも『ポケモンGO』のように現実世界に3Dオブジェクトを設置して遊ぶことができる位置情報ゲームです。

導入事例
The Walking Dead: Our World : 現実世界に現れたゾンビと戦うゲーム
Ghostbusters World : ゴーストを捕獲するゲーム
Jurassic World Alive : 『ジュラシック・ワールド』の恐竜が現実世界に現れるゲーム

新機能はGDC2018で紹介

この新機能は、2018年3月にサンフランシスコで開催されるGame Developer Conference(GDC) 2018で紹介される予定です。

このAPIの利用に関しての問い合わせは、公式サイトで行われています。

(参考)Google Developers BlogGoogle Map API

パナソニック、スマートグラスで外食産業の教育支援

2018/03/19 19:30 ビジネス活用事例

子供も遊べるVR、埼玉・東武動物公園で期間限定開催

2018/03/19 19:30 イベント情報