デイリーランキング

メディア工房、実写立体動画の撮影システムを発表 点群を使い動きを再現

テック

2019/07/19 11:00

まるで未来の車 メーターやナビを3D表示するダッシュボードが開発中

業界動向

2019/07/17 12:30

NVIDIA、視線追跡搭載で広視野角、高解像度のARデバイスを開発

テック

2019/07/18 11:45

VR内で設計・デザインできる「The Wild」Oculus Quest版がリリース、マルチユーザーにも対応

活用事例

2019/07/19 12:00

VR動画と現実が近づく、11Kのモンスター級360度カメラ「Insta360 Titan」

テック

2019/07/17 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

作品に入って映画製作 「ライオンキング」リメイク版の撮影でVRが活躍

ディズニーが2019年夏に公開を予定している映画、リメイク版「ライオンキング」の制作に、VRを活用していることが判明しました。この事実は米メディア、エンターテインメント・ウィークリーが、同作の監督ジョン・ファヴロー氏に対して行ったインタビューで明らかになりました。

作品に入って映画製作

リメイク版「ライオンキング」は、セットや撮影用カメラなどを全く使用せず、フルCGで制作が進められている映画です。ディズニーは、この環境下でファヴロー監督に現実のセットにいるような感覚で映画製作を行ってもらうため、撮影支援ツールを開発しました。

VR撮影支援ツールは複数人での使用が可能となっており、利用者たちが(制作された)作品内に入り、映画の撮影を進めることが出来ます。米メディアUploadVRによると、ツール内では、必要に応じて映画の各シーンを選択し再生できるほか、カメラアングルの変更なども行えるとのこと。

映画撮影のためのVRの活用は2018年に公開された「レディ・プレイヤー1」でも話題になりました。(参考記事:映画「レディ・プレイヤー1」「ブレードランナー2049」でも採用、バーチャルカメラによる映画撮影技法(前編)

VR撮影支援ツールの存在について、ファヴロー監督は以下のようにコメントしています。

(VR撮影支援ツールは)アニメ映画の撮影を、誰かがPC上でカメラ設定を決めるのではなく、撮影クルーが存在し、自分自身がカメラの構図などを決定する、実写映画と同じ感覚で行うための物です。

以前にはVRコンテンツの製作に関与

ファヴロー監督は、映画監督としてのキャリアを開始して以降「アイアンマン」や「ジャングル・ブック」といった様々な名作映画の監督を務めてきた人物です。過去にはVR作品にも携わっており、2016年にはReality OneとVRスタジオWevrと提携する形で、VRコンテンツ「Gnomes & Goblins」を制作しました。

(参考)UploadVR





ポエムコア系VTuberミソシタ、BBS「バーチャル地下二階」を開設

2019/05/02 13:00 VTuber 最新ニュース一覧

VTuber朝ノ瑠璃、オリジナル楽曲第3弾「トモシビライズ」を配信開始。5月4日にはVRライブも

2019/05/02 13:00 VTuber 最新ニュース一覧
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集