デイリーランキング

フェイスブックがメタバース構築チーム立ち上げ、 エピックゲームズは3D共有プラットフォームSketchfab買収 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/08/02 08:00 New

企業向け一体型VRデバイスの新スタンダード 管理システム充実&装着感良好の「Pico Neo 3 Pro」

業界動向

2021/08/02 12:04 New

東京都が「デジタルツイン」プロジェクトサイト開設、ブラウザから使える3Dビューア機能も

業界動向

2021/07/30 19:30

OculusがVRの標準仕様「OpenXR」へ正式対応、独自SDKのサポートは2022年8月末で終了へ

開発

2021/07/29 18:30

VRやARを日常に。体験シーンのUXを考えるデザインラボ「UxR Lab」開設

業界動向

2021/07/30 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグルのAR/VRディレクターJoshua To氏がフェイスブックに移籍、進む人材獲得

グーグルの主要なAR/VRディレクターであるJoshua To氏が、2021年7月にフェイスブックのAR/VR研究開発部門であるFacebook Reality Labs(FRL)に移籍したことが判明しました。今回のフェイスブック社の人材獲得による、同社のAR/VRプロジェクトの発展が注目されます。

FRLはVRヘッドセットであるOculusシリーズやスマートデバイスのPortalシリーズ、ARエフェクトツールの「Spark AR」などを開発していることで知られています。同部門はここ1年で大きく成長しており、ハードウェア・ソフトウェア開発への採用を推進中。また、米メディアUploadVRによると、同社では現在1万人以上がVRやARに取り組んでいるとのことです。

DaydreamやGoogleレンズ等に関わる

To氏のLinkedinのプロフィールでは、「製品デザイナー、アーティスト、ライター、研究者からなる大規模なチームを率いて、ウェアラブルとハードウェアの取り組みをサポートしていた」とされています。海外メディアInputによれば、「To氏はGoogle社のAR/VRチームの創設と運営に重要な役割を果たしており、AR技術を活用したスマートフォンアプリであるGoogleレンズや、VRプラットフォームDaydreamなどのAR/VRプロジェクトに携わっていた」とのこと。To氏は今後、Facebook Reality Labsの一部であるARチームに参加し、AR拡大に向けた取り組みを継続します。

なお、フェイスブックはTo氏にだけでなく他にも、PotalシリーズのVPであるRyan Cairns氏やプロダクトマネジメント・ディレクターであるJonathan Huang氏を、グーグルから獲得しています。

さよなら、Google――彼らは本当にVRから撤退するのか? | Mogura VR

さよなら、Google――彼らは本当にVRから撤退するのか? | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVRInput


【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

【Mogura主催のイベント】
・XR企業40社以上が集結!最新動向がわかる展示会「VR EXPO 2021 TOKYO」限定チケット販売中

中国Rokidが一般ユーザー向けの4Kスマートグラスを公開、約5万円からでクラファン開始

2021/07/14 19:30 テック

声優ユニット「スフィア」が初のバーチャルライブを開催 3Dモデルもお披露目

2021/07/14 19:30 イベント情報