デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

バーチャルツアーで文化財の魅力伝える、京都文化博物館を3Dスキャン

活用事例

2020/02/21 18:00

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

フェイスブックが発表 新たな時間の単位「Flick」目的はVR開発

VR開発や映画制作時は、体験時に違和感が生じないように非常に細かいフレーム間隔で描画する映像を作ります。現在、このフレーム間隔は1秒未満の小数点や分数などで表されています。フェイスブックは、これらの時間をキリの良い整数で表すための新たな時間の単位「Flick」を発表しました。

新たに発表された時間の単位「Flick」

VRコンテンツの体験が快適なものになるか、気分が悪くなってしまうかの違いは映像のわずかな遅れによって引き起こされてしまうことがあります。フェイスブックは、このわずかな時間差を解りやすく表現し、VR開発や映画製作において表示されるビデオとその他の編集が遅れずに同期するのを補助するため、「Flick」という単位を発表しました。

コード共有サイトであるGitHubで書かれている説明によると、1flickは1/705,600,000秒のことであり、1ns(ナノ秒)よりもわずかに大きい値です。この単位を映像の更新タイミングでよく使われる24FPS、30FPS、60FPS、120FPSにおける1フレームの秒数や、音楽を圧縮する際に1秒間に何回サンプルを取得するかを表すサンプリングレートが44.1kHz、96kHzといったときに1回取得する時間を全て整数で表すことができます

また、Oxford大学の研究者がBBCに話した内容によると、「Flick」の登場によりVR開発者は時間を厳密に記述する方法ができたことで、より没入感を得られるようなコンテンツを作りやすくなるだろうと語っています。また、開発者が映像遅延の問題に対処しやすくなり、人の動きと映像を確実に同期することが可能になるのではないかと話しています。

(参考)
Facebook creates new unit of time to help make VR more immersive /  Silicon Republic(英語)

Facebook creates new unit of time to help make VR more immersive

Silicon Republic


ゴンドラに乗って運河を行く 自分の部屋でベネチア旅行

2018/01/27 12:30 VR動画

メガネなしでのARの実現を目指す米企業が700万ドル調達

2018/01/27 12:30 活用事例
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集