デイリーランキング

中国発の“折り畳めるARグラス” 2020年発売へ

テック

2020/01/20 11:30

米Mojo、スマートコンタクトレンズを開発中 「目に見えないコンピューティング」目指す

テック

2020/01/18 11:30

HoloLens 2、一部のデバイスで表示に問題か。マイクロソフトは「対応中」

業界動向

2020/01/19 11:30

渋谷PARCOのVR/AR展示、1ヶ月で25,000人を動員

業界動向

2020/01/17 19:30

「ARグラスのブレークスルーは2020年代」ザッカーバーグ語る、介護向けVRスタートアップの資金調達先に注目  ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/01/20 10:04

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

3Dモデルを通して会話、開発企業に韓国政府が300万ドル助成

VR/AR/MRのような最先端技術に触れていると、ついSF作品のシーンを想起することがあります。たとえば、映画「スター・ウォーズ」のように、ホログラム映像で投影された相手と話すことはできないでしょうか?

IT企業であるDoubleMeは、遠隔地の相手と現実に投影された3Dモデルを通して会話する技術の開発を行っています。今回、同社は韓国の政府機関から300万ドル(約3.3億円)の助成金を獲得したことを明らかにしました。

手軽に遠隔地の相手と3Dモデルを通して会話

DoubleMeはサンノゼ、ロンドン、ソウルに拠点を持ち、2D動画をリアルタイムで3D動画に変換する独自システム「HoloPortal」などを手掛けています。この技術を活用し、難病の少年と遠隔地に住む祖父の面会を実現するプロジェクトも行いました。

DoubleMeはマイクロソフトの手掛ける「HoloPortation」に触発され、より使いやすいHoloportation技術の開発を進めています。「HoloPortation」とは、HoloLensを使用し、遠隔地にいる人がまるで同じ空間にいるように投影するMR(複合現実)技術です。但し実現には、大掛かりな機材が必要なことが難点でした。

これに対しDoubleMeは新たなアルゴリズムを開発、高品質なHoloportationを、1つの深度センサーと1台のPCだけで実現可能にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=gP0KxarCQCI

研究を加速するに当たり、同社はイギリスのサリー大学の5G技術イノベーションセンター(5GIC)と提携。2019年末までに、5G通信を使いHoloportationシステムの実用化に繋げるとしています。

Holoportationを全ての人に

DoubleMeの設立者でありCEOのアルバート・キム氏は、「DoubleMeはこの新しいデジタルコミュニケーション技術を、誰もが使える物にしようとしています」と話しています。そして、「我々は何度も技術のデモを繰り返してきました。新しいアルゴリズムにより、この技術の採用が加速するでしょう。最終的には、『スター・ウォーズ』のようなホログラム映像を使った会話を、誰でも出来るようになります」と続けました。

同社は大手通信会社や通信機器メーカーと共同し、「5G通信による個人間Holoportation」プラットフォームのグローバル展開を目指しています。

(参考)VRFocus
Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。


DeNA、10万以上の3Dアバターを提供 VRゲームへの導入支援ツールも

2018/06/12 16:30 VTuber 最新ニュース一覧

iOSの新機能「Memoji」活用の外国人バーチャルYouTuberが登場

2018/06/12 16:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集