デイリーランキング

突如現れたドコモの「軽量ディスプレイグラス」開発担当者に狙いを聞く

テック

2021/02/26 19:00

リコーの360度カメラ「THETA Z1」が完売 部品が入手困難に

テック

2021/02/26 15:15

SteamVRがVRの標準仕様「OpenXR」に正式対応 対応プラットフォームが増加中

開発

2021/02/25 18:15

ノーコードかつWebブラウザだけでARコンテンツが作れる「WorkLink Create」

開発

2021/02/26 11:30

ARグラス「KURA Gallium」が2021年末生産開始、片目8K・視野角150度等ハイスペックデバイス

テック

2021/02/24 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AI活用でゲームを高画質に。NVIDIAの「DLSS」がVR対応

NVIDIAは、AIを活用したグラフィックの高画質化技術「Deep Learning Super-Sampling(DLSS)」のソフトウェア開発キット(SDK)が、VRゲーム等でも使用可能になったことを報告しました。公式サイトでも、Unreal Engine 4向けとして告知が行われています。

AI活用で高画質化、ただし開発者側が組み込む必要あり

「DLSS」とは、GeForce RTXシリーズのTensor Coreを使用することで、低負荷でアンチエイリアシングや高解像度化、フレームレート向上などを行うレンダリング技術。数種類の描画モードが選択可能で、「パフォーマンスモード」では最大で4倍の解像度(1080p→4K)、RTX 3090限定の「ウルトラパフォーマンスモード」では最大で9倍の解像度(1440p →8K)で利用できます。

ただし、DLSSは、各タイトルのデベロッパーがそれぞれのゲーム作品やエンジンにSDKを通して実装する必要があり、RTXシリーズのユーザーが無条件で使えるわけではありません。この事実について、米メディアUploadVRは「VRゲームの多くはDLSS非対応のゲームエンジンを採用していることから、即座にDLSSをサポートする可能性は低い」としつつも「Unreal Engineを使用したタイトルの場合は十分な可能性がある」と説明しています。AIを活用した「DLSS」が、PC向けVRゲームでも十分に機能するのであれば、グラフィックのクオリティに大きな進歩をもたらすことでしょう。

なお、フェイスブックも一体型VRヘッドセット向けに、DLSSと同様の技術を開発していることが報じられています。他方、具体的なリリース日などは判明していません。

NVIDIA、GPU新モデル GeForce RTX 3090、3080、3070を発表 | Mogura VR

NVIDIA、GPU新モデル GeForce RTX 3090、3080、3070を発表 | Mogura VR

MoguraVR

NVIDIA、次世代AR/VR配信プラットフォーム「CloudXR」のSDKを発表 | Mogura VR

NVIDIA、次世代AR/VR配信プラットフォーム「CloudXR」のSDKを発表 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR


パックマンを現実世界で楽しめるスマホゲームが年内リリース 事前登録受付

2020/09/10 18:30 ゲーム・アプリ

新聞とARを組み合わせたアイデア募集 第2回「日経ARアワード」開催

2020/09/10 18:30 イベント情報