デイリーランキング

「10万人同時参加可能」、新たなバーチャルプラットフォームが提供開始

業界動向

2020/07/03 19:00

MRデバイス「HoloLens 2」、マイクロソフトストアで販売開始

業界動向

2020/07/02 19:00

網膜投影デバイス「RETISSA Display」シリーズのレンタル開始、1週間で500円から

業界動向

2020/07/03 18:30

“Oculus最後の共同創業者” ネイト・ミッチェルが創業、次はゲームへ

業界動向

2020/07/03 11:30

フェイスブック、軽量小型の“VRグラス”研究成果を公開

テック

2020/06/30 19:21

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

クリーク・アンド・リバー、子会社を通じて3DアバターやVR開発事業を譲受

VR開発・ソリューション提供を行う株式会社クリーク・アンド・リバー社の子会社である株式会社クレイテックワークス(CTW)は、株式会社インタラクティブブレインズから事業譲受したことを発表しました。譲受した事業は3DCGアバター事業、VR事業、コンテンツ等の開発事業です。

インタラクティブブレインズは、スマートデバイス向けコンテンツ配信事業やコンテンツ開発事業等を手掛ける企業です。これまでVRパーティゲーム「VR アバター鬼ごっこ」の開発や、ライブ配信「Mirrativ」のアバター機能「エモモ」の開発協力などを行っていました。事業譲受に関して「譲受対象となる資産は僅少で、債権・債務の引き受けはありません」とのことです。

今回の事業譲り受けにより、CTWは「主にゲーム分野での3DCGアバターやVR等のコンテンツ開発能力を強化する他、様々な分野での制作提案の強化を図る」とコメントしています。

(参考)株式会社クリーク・アンド・リバー社 プレスリリース



 

積み木と連動したARで街づくりを学ぶ 体験イベントが開催

2019/09/03 12:24 イベント情報

輝夜月公式アパレルブランドの新作スタジアムジャンパーが受注受付を開始

2019/09/03 12:24 VTuber 最新ニュース一覧