Home » VRプラットフォーム「cluster」 事業拡大に伴い移転 新オフィスは収録スタジオ完備


業界動向 2019.01.22

VRプラットフォーム「cluster」 事業拡大に伴い移転 新オフィスは収録スタジオ完備

バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社は、東京・品川へオフィス移転をする旨を発表しました。事業拡大に伴い、業務環境の改善と人材強化を目的としているとのこと。

「cluster」はバーチャル空間で同時に大人数が接続してイベントを行えるプラットフォームとして利用されています。イベントルームは、パソコンのほか、VRデバイスのOculus RiftやHTC VIVE等で参加できます。

「cluster」では、VTuber「輝夜月(かぐや るな)」さんのVRライブ「輝夜月[email protected]」が2018年8月に開催。全国各地の映画館でのライブビューイングも行われ、のべ5,000人以上の動員を記録しています。2019年2月15日には、VTuberユニット「KMNZ(ケモノズ)」のVRライブも予定されています。

新オフィスはVRイベント用のスタジオ完備

今回の移転では、 「cluster」でバーチャル音楽ライブをはじめ様々なVRイベントを開催する際に使用可能な、配信設備を十分に兼ね備えた収録スタジオを完備。「VRコンテンツの量産体制を整えると共に、よりスムーズなイベント運営を実現する」としています。

(参考)クラスター株式会社 プレスリリース


VR/AR/VTuber専門メディア「Mogura」が今注目するキーワード