デイリーランキング

米陸軍の最大2兆円規模「HoloLens 2」導入が延期、2022年9月予定へ

業界動向

2021/10/21 19:30

新たなVRヘッドセット「Varjo Aero」登場 5.8Kで視線追跡つき、価格は約22万円で一般販売も

業界動向

2021/10/21 22:23

フェイスブックが社名変更か SNSからメタバース企業へ

業界動向

2021/10/20 15:33

超高解像度VRヘッドセットのVarjoから「隠しメッセージ」。新製品関連か

業界動向

2021/10/21 18:30

アクセンチュアが6万台のVRヘッドセットを導入 新入社員のトレーニングに

業界動向

2021/10/19 20:05

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

デジタルツインに3次元位置情報をリアルタイムで反映、Cellidと大林組

日本のARスタートアップCellid株式会社は、ヘルメットに装着したカメラ映像から建築現場の3次元情報をキャプチャし、株式会社大林組のデジタルツイン環境にリアルタイムで反映させることに成功しました。Cellidの持つSLAM技術が、建設現場において実運用可能であることを示した形となります。

人の位置把握をより確実に

本実証実験ではCellid独自の空間推定技術「Cellid SLAM」を用いて、施工参加者らのヘルメット装着カメラ映像から3次元位置情報を推定。大林組の施工デジタルツインへリアルタイムに反映しています。こうした手法で、施工者の状況を遠隔でもリアルタイムで把握できるようになり、施工現場における生産性向上が狙えます。

Cellidは「施工デジタルツインと位置情報の統合を実現したことで、工事プロセスに対し、どれだけ人数・工数がかかるのかを定量的に把握することが可能となり、生産性向上を進めるうえで、一番重要な“物差し”を手に入れることができた」とコメントしました。

ARと独自の空間認識技術で作業効率化

Cellidは2016年10月に設立。ARグラス用ディスプレイモジュールと空間認識ソフトウェアの販売を展開を行っています。本実証実験の結果を受けて、今後は「Cellid SLAM」のAR機能を拡張、遠隔地から現場への作業指示などができる「AR Tag」の開発や画像検知AI等との組み合わせ、その他の業務管理アプリとの連携を予定しています。

日本のスタートアップからARグラス基礎技術 Celidが視野角60度の小型プロジェクター開発 | Mogura VR

日本のスタートアップからARグラス基礎技術 Celidが視野角60度の小型プロジェクター開発 | Mogura VR

MoguraVR

ARで保守点検を効率化、海外導入も視野 三菱重工業とCellid | Mogura VR

ARで保守点検を効率化、海外導入も視野 三菱重工業とCellid | Mogura VR

MoguraVR

(参考)プレスリリース


米空軍、ARで航空機の配線やメンテナンス改善 XRプラットフォームのGridRasterと契約締結

2021/10/05 12:40 活用事例

VTuberプロダクション「MIKUCAN」が登場! 虹河ラキ、私立いちご女学院が所属

2021/10/05 12:40 VTuber 最新ニュース一覧