デイリーランキング

ノーコードでWebARが作れる国産サービス「palanAR」、位置情報を使ったAR機能が追加

開発

2021/09/22 18:30

フェイスブックのスマートグラス、欧州の規制当局がプライバシーに懸念表明

業界動向

2021/09/22 12:00

KDDIがメタバースプラットフォームを発表、VR/AR両対応の「Lynx R-1」クラファン間近か ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2021/09/21 08:00

「Microsoft Japan Digital Days」が10月12日より開催。HoloLensやMR関連の講演も多数

セミナー

2021/09/22 19:00

うつ病治療におけるVR活用の効果検証、ジョリーグッドと研究機関が進める

活用事例

2021/09/21 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

XRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ARで保守点検を効率化、海外導入も視野 三菱重工業とCellid

三菱重工業株式会社が運営する施設「Yokohama Hardtech Hub」にて、ARを活用した工場やプラントの保守点検の実証実験が実施されました。今後は実際の工場でのオペレーション高度化のための実例の積み重ねと、海外工場へのオペレーション導入のための実証が進められます。

本実証実験は、日本のスタートアップCellid株式会社のAR技術とカメラをベースにした空間認識技術「Cellid SLAM」を用いて検証。Cellidは2016年10月に設立。ARグラス用ディスプレイモジュールと空間認識ソフトウェアの販売を展開しています。

SLAM技術を活用して実証実験

実証実験では、ベテラン作業者と新人作業者のカメラ装着者の移動経路と向きのデータを比較し、その差を理解することで新人教育に繋げる取り組み。現実空間に注意事項や記録、指示などをARで貼り付けることで、管理費や事故による損害を抑制する、2つの取り組みが検証されました。

「Celid SLAM」を活用することで、ベテラン作業者の動きをデータ化して作業ノウハウの伝承や、現実空間に注意点等を表示させることで点検漏れの防止、そして点検作業の効率化が実現可能とのことです。

ARを活用して作業効率化に取り組む

ARやMRを活用して作業効率を図る事例は、国内外で取り組みを進めています。海外では米小売大手ウォルマートが店舗とECの在庫を一括で管理できるシステムを導入、国内では日立製作所らが鉄道向け管理システムの実用化に成功しています。

米小売大手ウォルマート、新技術活用の店舗をオープン ARで作業効率アップ狙う | Mogura VR

米小売大手ウォルマート、新技術活用の店舗をオープン ARで作業効率アップ狙う | Mogura VR

MoguraVR

日立ら、AR活用の鉄道向け管理システムを実用化。作業効率アップに成功 | Mogura VR

日立ら、AR活用の鉄道向け管理システムを実用化。作業効率アップに成功 | Mogura VR

MoguraVR


(参考)Cellid株式会社 プレスリリース


【2021年最新版】「バ美肉」したい人必見! 無償・有償の定番ボイスチェンジャー9選

2021/05/24 19:30 話題

海外ファンはホロライブをどのように楽しんでいるのか? 実際に話を聞いてみた

2021/05/24 19:30 ホロライブ