デイリーランキング

スマホをかざしてARで測量を簡単に 大林組も社内標準として導入

活用事例

2019/10/16 11:02

VR内を歩けるデバイス「KAT WALK」、国内代理店がオープン

テック

2019/10/16 18:30

KDDI、直営店にMRグラス「NrealLight」の体験コーナー

AR/MR

2019/10/16 11:31

“PS5”は2020年末発売、フェイスブックのソーシャルVR「Horizon」独占取材 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/10/15 08:00

日立グループ企業ら、屋外環境でも使えるメガネ型HMD開発・販売へ

業界動向

2019/10/16 18:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

グーグルがARの“セーブボタン”実現へ 現実空間に保存

グーグルは、ARプラットフォーム「ARCore」をアップデートします。目玉は、複数人が同時にアクセス可能かつ「永続的な」ARへの進化です。

マルチユーザーARのCloud Anchors

ARプラットフォーム「ARCore」は特殊なデバイスを必要とせず、スマートフォンやタブレットで利用できます。AndroidだけでなくiPhoneの一部機種に対応しているのも特徴です。
そしてARCoreの機能の一つが「Cloud Anchors」。複数のユーザーが同じAR空間にアクセス・共有するAR体験を可能にするものです。マルチユーザーのARアプリが実現します。

ARの“セーブボタン”実現へ

今回発表されたのは大きく2点です。まず「Cloud Anchors」に関して、より広範囲で多くの場所にアクセスし「さらにしっかりした3Dマップ」を生成できるようになりました。
この結果、1シーン内の複数のポイントを同時に処理可能となり、ARアプリの起動時間を短縮できるということです。

via Gfycat

グーグルによると、将来的にはさらに永続的なCloud Anchors機能の開発を計画中。現在と比較し一段と広範囲で、長期間とどまるARコンテンツを配置可能とします。同社のAR製品マネージャーChristina Tong氏の言葉を借りるなら、ARの“セーブボタン”なる物の実現です。
Tong氏は、この“セーブボタン”により、ユーザーは好きな場所にメモや動画へのリンク先、3Dオブジェクトを配置できるようになります。デジタルと現実世界の橋渡しをするものとして重要だ、と述べています。

via Gfycat

この永続的なARを用いたコンテンツとして、アートアプリ「Mark AR」が発表されています。現実世界にARのグラフィックを絵描き、ユーザー同士がモバイル機器で見つけたり、上書きしたりできるというもの。

https://www.youtube.com/watch?v=EQ0v_LoLS9g

ARエフェクトがiOS対応

加えて、自撮り画像に眼鏡や帽子、肌合いを変える等のARエフェクトを重ねる機能“Augmented Faces”に関するアップデートが発表されました。サポート対象にiOSのデバイスが追加され、エフェクトのテンプレート提供も始まります。テンプレートは、デベロッパーの開発プロセスをよりシンプルにする狙いがあります。

開発者向けのARCoreに関するガイド、SDKダウンロードはこちらから。

永続的なARに関する取組は、下記の記事でも紹介しています。

フェイスブックが広告でAR ロゴやポスターにかざしコンテンツ再生

フェイスブックが広告でAR ロゴやポスターにかざしコンテンツ再生

MoguraVR

ARは「セーブボタン」を通して初めて現実になる

ARは「セーブボタン」を通して初めて現実になる

MoguraVR

(参考)Road to VRNext Reality
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


【佐藤ホームズ】今週のVTuber“3分”レポ(9月8日~9月14日)

2019/09/16 19:30 VTuber 最新ニュース一覧

新VRデバイス「VIVE Cosmos」予約販売開始、Oculusの技術トップが語るAR/VRの未来 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

2019/09/16 19:30 業界動向

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集