ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.04.07

フェイスブックが広告でAR ロゴやポスターにかざしコンテンツ再生

AR開発を推進するフェイスブックは、企業広告向けのツール「AR Target Tracking(ARターゲットトラッキング)」の実用化を進めています。この技術は、企業のロゴやポスターといった平面の情報に重ねて、関連するARコンテンツを表示できるというものです。

この技術はすでに「レディ・プレイヤー1」や、ディズニー映画「A Wrinkle in Time」のポスターで採用されています。ARカメラをポスターにかざす、もしくはQRコードをスキャンすると、コンテンツを視聴できます。開発者向けキットは2018年春にリリース予定とのこと。

「persistent AR(永続するAR)」への取り組み

フェイスブックは2017年4月に開催した開発者カンファレンスF8にて、AR開発プラットフォーム「Camera Effects Platform」を発表しました。同年12月にはARコンテンツ開発ツール「ARスタジオ」をリリースしています。

今回の「ARターゲットトラッキング」はこれらに続く取り組みであり、初の「persistent AR(永続するAR)」への試みでもあります。フェイスブックはポスターのような現実に存在するものや場所と結びつき、その場に存在し続ける「persistent AR」を目指すとしています。

企業のロゴやポスターといった「どこにでもあるもの」をターゲットとし、フェイスブックの挑戦は続きます。

(参考) Road to VR Facebook

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集