ホーム
PSVR
Oculus Rift
HTC Vive
Gear VR
Daydream
スマホVR
ビジネス・投資
動画・映像体験
テクノロジー・開発
イベント・体験
ゲーム・アプリ
コラム
イベントカレンダー

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

2018.04.07

フェイスブックが広告でAR ロゴやポスターにかざしコンテンツ再生

AR開発を推進するフェイスブックは、企業広告向けのツール「AR Target Tracking(ARターゲットトラッキング)」の実用化を進めています。この技術は、企業のロゴやポスターといった平面の情報に重ねて、関連するARコンテンツを表示できるというものです。

この技術はすでに「レディ・プレイヤー1」や、ディズニー映画「A Wrinkle in Time」のポスターで採用されています。ARカメラをポスターにかざす、もしくはQRコードをスキャンすると、コンテンツを視聴できます。開発者向けキットは2018年春にリリース予定とのこと。

「persistent AR(永続するAR)」への取り組み

フェイスブックは2017年4月に開催した開発者カンファレンスF8にて、AR開発プラットフォーム「Camera Effects Platform」を発表しました。同年12月にはARコンテンツ開発ツール「ARスタジオ」をリリースしています。

今回の「ARターゲットトラッキング」はこれらに続く取り組みであり、初の「persistent AR(永続するAR)」への試みでもあります。フェイスブックはポスターのような現実に存在するものや場所と結びつき、その場に存在し続ける「persistent AR」を目指すとしています。

企業のロゴやポスターといった「どこにでもあるもの」をターゲットとし、フェイスブックの挑戦は続きます。

(参考) Road to VR Facebook

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

この記事を書いた人

デイリーランキング

VRデバイス 360度カメラ 一覧
VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
VR ソフト 360カメラ セール

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store
VR関連の求人はこちら! Mogura VR Job
オフィスやイベント会場でVR体験会が実現できる!

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集
360度カメラ撮影レポート
Insta360
シリコンバレーVR/ARニュース