デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日立ら、AR活用の鉄道向け管理システムを実用化。作業効率アップに成功

株式会社日立製作所、YAMAGATA株式会社、京都機械工具株式会社の3社は、ARを活用した鉄道車両向けボルト締結作業管理システムの実用化に成功しました。今後、日立は鉄道車両の製造およびメンテナンス作業などにおいて、本システムの作業効率と品質の向上をめざすとともに、熟練作業員不足の課題解消など適用範囲を拡大していきます。

現場検証を経て実用化へ

日立、YAMAGATA、京都機械工具の3社は、本システムを2019年1月に開発、実用化に向けて現場検証を進めており、今回実用化に成功しました。本システムは、作業者が装着するヘッドセットのディスプレイ上へ締結すべきボルトの位置を表示し、規定通りに作業できたかをメーターで確認、デジタル処理によって自動的に管理します。

また、本システムはボルトの位置座標と締結力からなる簡単な表形式データで利用できるほか、熟練者の作業記録をAR作業指示データとして再利用することができ、製造のみならずメンテナンスや修繕の現場へも対応可能とのことです。

(参考)株式会社日立製作所 プレスリリース



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


サッカー日本代表が目の前に!「キリンチャレンジカップ」360度動画が公開

2020/03/17 12:00 VR動画

VTuberカフェ野ゾンビ子“配信後の物語”をVRゲーム化するCF開始

2020/03/17 12:00 VTuber 最新ニュース一覧
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集