デイリーランキング

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏

投資

2020/02/25 12:15

KDDI、新型コロナでイベントをバーチャル開催 2020年のXR産業14社が語る展望 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/02/25 12:00

3Dデータ可視化ソリューション「mixpace」HoloLens 2版が発売

業界動向

2020/02/25 19:30

VRでプレゼン動画収録、VIVE Focus Plus向けアプリが発売

活用事例

2020/02/25 19:01

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

日立ら、鉄道車両向けのAR作業管理システムを共同開発 製造効率の向上を図る

株式会社日立製作所は、YAMAGATA株式会社および京都機械工具株式会社とともに、鉄道車両向けにAR(拡張現実)技術を利用したボルト締結作業管理システムを開発しました。

作業者のヘッドセットのディスプレイに締結すべきボルトの位置を表示し、規定通りに作業ができたかを確認、デジタル処理によって自動的に管理します。本システムを活用することで、鉄道車両の製造作業の効率化と品質の向上を図るとのこと。


(AR技術によるボルト締結のイメージ図)

ARでボルト締結作業の効率化

鉄道車両製造においては、機器類を固定するボルトが走行中も緩むことがないように確実にボルトを締める必要があります。これまで日立では、デジタル式トルクレンチとタブレットPCにより締結力の判定と記録を自動で行うシステムを使い、自動で締結力を判定するとともにその結果を記録していました。

しかし、従来の記録方法では作業者がタブレットPC上で作業対象のボルトを選択することや、作業ごとに作業者などが人手による複数回の安全性・品質確認をする必要がありました。

今回、AR技術を利用した新たなシステムを加えることで、締結作業全体のデジタル処理による自動での合否判定を実現しています。作業者が装着するヘッドセットのディスプレイには、締結すべきボルト上にボルトの3Dモデルが表示され、事前に入力した設計データを元に作業者を誘導します。

デバイスに付属するカメラは、締結作業を常時監視しており、デジタルトルクレンチとの連携で指定のボルトが規定の力で締められたかを自動判定します。作業が指定通り行われたと判定された場合は次の作業が表示され、ボルトの締結が不十分だった場合などは、再度作業を行うよう表示されます。

これにより作業者は、従来のようにタブレットPC上で指定したボルトと実際に締結したボルトが一致していることの確認に手間取ることなく、ヘッドセットのディスプレイを通した視界上で作業を効率的に実施できるとのこと。今後、日立は「鉄道車両製造において、今回開発したボルト締結作業管理システムの現場実証を重ね、2019年度下期の実運用を目指す」としています。

(参考)株式会社日立製作所 プレスリリース


VTuberメリーミルク×アパレルブランドFavoriteの第2弾コラボが発表! オリジナルデザインのワンピースも発売中

2019/01/15 17:30 VTuber 最新ニュース一覧

東雲めぐと除菌スプレー「Hydro Ag+」がコラボCM発表! プレゼントキャンペーンも実施

2019/01/15 17:30 VTuber 最新ニュース一覧
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集