デイリーランキング

新VRデバイス「VIVE Cosmos」の正体とは HTCのキーパーソンに突撃インタビュー

業界動向

2019/01/18 18:45

CESで存在感を高めるデジタル・ヘルス、VRによる医療の再定義 – 起業家医師から見た医療×VRのいま

ビジネス活用事例

2019/01/18 17:30

マイクロソフト、2月末にMRデバイスHoloLens2発表か

業界動向

2019/01/18 11:30

GeForce RTX 2060、多くがVirtualLink用ポート未実装か

テック

2019/01/17 18:00

VRストリーミング配信のNextVR、従業員の大規模なレイオフへ

業界動向

2019/01/17 12:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップル、自動運転車中でのVR体験に関する特許を公開

米国特許商標庁は、アップルが2017年9月に提出していた自動運転車とVRに関する特許の出願内容を公開しました。特許の内容によれば、アップルはVR体験を自動運転と組み合わせて乗り物酔いを防ぐことや、移動時間にミーティングや映像視聴などを利用することを想定しています。

車の動きと連動したVR体験

特許内容によると、アップルはVRを利用して乗り物酔いを防ぐだけではなく、移動時間をより有意義に過ごせる「未来の姿」を描いています。具体的なVRの使用方法としては、バーチャルミーティングや映像の視聴、ゲームなどを挙げています。

この特許は「車の動きと連動したVR体験」も含んでいます。「例えば、車の走行やカーエアコン、オーディオ、シートの動きとVR体験を連動させる。こうして室内とは違うVR体験を実現できる可能性がある」とアップルは記しています。

本特許の実現は未定ですが、アップルは自動運転車の開発を行っているとの噂もあり、今回の出願内容からも「アップルが自動車産業を見据えて何らかの技術開発を進めている」ということが見て取れます。車内での過ごし方が自動運転車普及のカギを握るのであれば、その立役者となるかもしれません。

このように自動運転中の車内でVRを活用する試みには大きな注目が集まっています。同様に、Uber(ウーバー)ルノーワーナーでも進められていることが明らかになっています。

自動運転車内でVR/ARエンタメ インテルがワーナーと提携

自動運転車内でVR/ARエンタメ インテルがワーナーと提携

MoguraVR

(参考) VRScout
Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

2018/04/05/12:30……記事タイトルを修正

VR と写真で建築を形作るフォトグラフィスカ美術館

2018/04/03 12:35 ビジネス活用事例

HoloLensで未来のショッピングを体験、MRアプリが公開

2018/04/03 12:35 ビジネス活用事例