デイリーランキング

話題の裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass」日本上陸へ

開発

2019/02/18 20:33

カヤック、2018年決算を発表 「VR SPARC」への投資継続

業界動向

2019/02/18 17:35

Oculus創設メンバーが語る「2019年のVRが楽しみな理由」、HoloLens 2の予告動画が公開か – 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2019/02/18 08:00

“深度センサー”でスマホはどう変わる? ソニーが描くその未来

テック

2019/02/14 19:00

「2019年のVRが楽しみな理由」Oculus創設メンバーが語る

業界動向

2019/02/13 12:02

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップル、ARKitをアップデートか マルチユーザー、プライバシー対応を予定

ロイター通信は、アップルがiOS用のARフレームワーク「ARKit」の機能を拡大したARKit 2.0をリリースする予定であると報じています。現行のARKitからの変更点は、マルチユーザーのARアプリが開発できる点です。またP2Pのローカルネットワークを使用し、室内のスキャンデータといった、ユーザーのプライバシーにかかわるデータを守ることを特徴としています。

ユーザーのプライバシーに配慮

関係者によれば、アップルは複数人でプレイできるARアプリのフレームワークを開発しているとのこと。グーグルも先月AR Coreのアップデートを発表し、複数のユーザーが同じAR空間にアクセス・共有するAR体験を可能にしました。しかしAR Core利用時には、プレーヤーの周辺環境のデータは同社のクラウド上に保存されます。グーグルは、データは1週間後に破棄されるとしています。

これに対しアップルのARKit 2.0は“クラウド上にユーザーの周辺環境のデータを保存しない”とのこと。グーグルのARプラットフォーム「ARCore」と異なり、プライバシーにより注意深く配慮しているようです。

今週WWDCで発表か

ARKitやARCoreの公式サポートに先立ち、多くの開発者が独自にマルチプレーヤーのアプリを開発しています。しかし今回アップルが正式にマルチユーザーをサポートすれば、よりソーシャルな要素を含むアプリの開発が進むでしょう。

このようにスマートフォン向けのAR技術開発を進めるアップルですが、目標とするARヘッドセット開発は、まだ時間がかかるという見方を示しています。CEOであるティム・クック氏は、同社のARヘッドセットは「最初のものではなく、最高のものを目指す」とインタビューに答えています

ARKit 2.0については、6月4日から8日にアップルが行う開発者向けイベントWorldwide Developers Conference(WWDC)での発表が期待されています。

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。


イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」



イベント情報

VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」

未経験でも作業時間を70%削減、HoloLensで製造支援

2018/06/04 11:30 ビジネス活用事例

HoloLensでのアシスタントを多用途へ 米スタートアップの試み

2018/06/04 11:30 ビジネス活用事例