デイリーランキング

世界最大の32インチ3D裸眼立体視ディスプレイ「Looking Glass 8K」発表、DCEXPOで初公開

業界動向

2019/11/13 01:00

VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2019」セッション内容紹介

セミナー・カンファ

2019/11/12 12:15

人の目レベルの超高解像度VRデバイス「VR-2」国内販売開始

業界動向

2019/11/08 12:15

Magic Leap、特許資産をJPモルガンに譲渡 資金調達の一環か

業界動向

2019/11/12 19:00

MRグラス「NrealLight」でアート作品を鑑賞。渋谷PARCOで展示

業界動向

2019/11/12 19:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

アップルCEO、ARデバイスは「最初ではなく最高を目指す」

アップルは2017年9月に行われたアップデートiOS 11でiPhoneやiPadにAR技術を組み込み、現実に3Dオブジェクトを置くことができるようになりました。しかし、AR技術については今後スマートフォンの画面ではなく、装着できるメガネ型やヘッドセットへの展開が期待されています。実際に2017年9月の発表前には、AR機能を搭載したデバイスの発表についても期待されていました。

時間よりも質を

すでにいくつかの種類が市場に出回り始めているARヘッドセットですが、AppleのCEOであるティム・クック氏は、「アップル製のARヘッドセットがユーザーの手に届くにはまだ時間がかかる」とIndependent紙のインタビューに答えています。

「必要なディスプレイ技術と、あなたの周りに十分なオブジェクトを配置すること。それには大きな課題があります。視野、ディスプレイ自体の品質、それはまだ実現できていません。また、Appleは最初になりたいのではなく、最高になりたいのです。私たちは人々が満足する素晴らしい体験をさせることができると確信していますが、いま市場に出回っているものは大多数の人々が満足するとは思っておらず、私たちも満足していません。」とティム・クック氏は述べています。

ティム・クック氏は多くの技術的課題は時間が解決するだろうとも述べています。今後、Appleが出すであろうARヘッドセットがどのようになるのか、いつ頃発売するのか、気になるところです。

(参考)
Apple CEO on AR Headsets: ‘We don’t want to be first, we want to be the best’/ROADTOVR(英語)
https://www.roadtovr.com/apple-ceo-ar-headsets-dont-want-first-want-best/



【Sponsored Post】
・ストリートとテクノロジーが出会うとき、何が起こるのか? 表現の最前線を行く「JIKKEN」を見よ
・藤井直敬の「現実を科学する」 第二回:環境とヒト
・目の前に広がる「ポケモンGO」や「Ingress」の世界 話題を集めた体験の舞台裏

新型PSVR発売!価格・購入方法・おすすめソフトをおさらい

2017/10/15 19:30 PlayStation VR(PSVR)

一体型VRヘッドセットOculus Go、開発者版申込開始

2017/10/15 19:30 Oculus Go

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集