デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

AOL、VRジャーナリズム映像を制作するRYOTを買収。チームはハフィントン・ポストへ合流

AOL(American Online)は、360度映像の制作を行っているRYOTを買収したことを明らかにしました。AOLの親会社は通信大手のVerizon。またVerizon/AOLは、ウェブメディアであるハフィントン・ポストを傘下に収めています。

https://www.youtube.com/watch?v=BuGUQ6svJyg

今回の買収を機に公開された動画

RYOTは、360度動画の撮影・編集など映像作品の制作全般を行ってきたスタジオです。特に360度映像による没入感の高いストーリーテリングを重視し、ジャーナリズム作品を制作してきました。

RYOT

今回の買収に対し、ハフィントン・ポストの創業者で編集長のアリアナ・ハフィントン氏は「今回の合流がハフィントン・ポストによりインパクトをもたらすことを期待している。(VRによる)物語は問題に対する関心を引き起こすだけでなく、”人々の生活を異なるものにする”。」と述べています。一方、RYOTの共同創業者ブライン・ムーサー氏は「ハフィントン・ポストは、人々の物語を自身の声で紡ぐことによって人々に力を与えてきた。RYOTの目指すミッションも同じものだ」と述べています。

VRジャーナリズムに関しては、ニューヨーク・タイムズが積極的に取り組んでいますが、ウェブメディアでの積極的な取組が始まるのは初。今後どのような映像作品が登場するのか注目したいところです。

(関連)
ニューヨーク・タイムズ、ブリュッセルの連続テロ後の「静かな通勤」の様子を収めた360度動画を公開

ニューヨークタイムズ、購読者にGoogle Cardboardを100万台以上送付し、VRジャーナリズムに本格参入

(参考)
Verizon Owned AOL Acquires VR Content Studio RYOT – UploadVR
http://uploadvr.com/verizon-owned-aol-acquires-vr-content-ryot/

※米UploadVRはMogura VRとパートナーシップを結んでいます。



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


話題のDMM VR THEATERを使った視覚体験『VRDG+H #2』が4月30日に開催。チケットが販売中

2016/04/21 07:30 イベント情報

中国のPICO、最新のスマホ用CPUを搭載したスタンドアローン型のVRHMDを発表

2016/04/21 07:30 テック
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集