デイリーランキング

NTT東西、通信速度10Gbpsの「フレッツ 光クロス」を4月より提供開始 VR/ARも見据える

業界動向

2020/02/20 17:00

スマホ1台で収録や配信 法人が使えるVTuberアプリが提供開始

業界動向

2020/02/21 15:40

ソニーとOculus、GDCへの出展をとりやめ コロナウイルスへの懸念で

セミナー・カンファ

2020/02/21 08:39

KDDI、新型コロナで中止のイベントをバーチャル開催へ 社長も登壇

業界動向

2020/02/19 16:09

Magic Leap社が東京勤務の求人を募集中 国内オフィス開設か

業界動向

2020/02/20 19:00

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

ブラウザで専用アプリいらず WebARの8th Wallが新たな開発ツールをリリース

カリフォルニアのスタートアップ8th Wallは、クラウドベースのWebARオーサリング・ホスティングツールをリリースします。マルチユーザーによる編集や、同プラットフォーム内で制作からホスティングまで完結する仕組で、市場へのARコンテンツ配信をスピードアップする狙いです。

ブラウザ向けARプラットフォーム開発企業

8th WallはiOSやAndroidを搭載した複数のスマートフォンに対応するARプラットフォームを開発しています。アップルの「ARKit」、グーグルの「ARCore」といった各社が提供するARプラットフォームとシームレスに連携します。スマートフォンを問わず、同じアプリケーションが動作します。

2018年には、800万ドルの資金調達を行いました。

ARコンテンツ開発を手軽かつ迅速に

今回発表したプラットフォームは、既存及び新規顧客双方をターゲットとしたもの。ブラウザベースでARが体験できるWebARを、複数ユーザーで同時に編集、公開可能です。8th Wallが提供するテンプレートを利用すればより効率的なコンテンツ作成ができるほか、サードパーティのソフトウェアやサーバーの設定も不要です。ブラウザで体験できるARを、手軽かつ迅速にリリースすることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=12KBSo1g0mE

既にアーリーアクセスのパートナー企業からは、女優のサラ・ジェシカ・パーカーをモデルにした下着ブランドのキャンペーンコンテンツが配信されました。

via GIPHY

世界29億台以上のデバイスに対応

ブラウザベースのWebARのメリットは、専用アプリのダウンロードが不要な点です。例えばQRコードをスキャンするといったシンプルな操作で、多くの端末からアクセスが可能です。対応デバイスは世界に29億台以上存在するということです。これは、ARCoreやARKitがベースのARネイティブアプリ対応端末の、2倍に近い数字だと言います。

「8th Wallのオーサリング・ホスティングプラットフォームは、ブラウザベースのAR制作におけるゲームチェンジャーです」と同社創設者でCEOのErik Murphy-Chutorian氏は説明します。「我々は昨年のサービス開始以来、SLAMとマーカーベースのARエンジンにより、パートナー企業や開発者のWebARに貢献してきました。しかしこれまでのツールにはサードパーティのソフトウェアや、配信のためのホスティング環境が必要でした。今回のリリースにより、顧客はWebARプロジェクトの制作からホスティングまで、ワンストップで行うことが可能になります」

価格はエージェント向けが月額99ドルから。詳細は8th Wall公式ウェブサイトで公開しています。

(参考)VRScoutRoad to VR
Mogura VRはVRScout、Road to VRのパートナーメディアです。


【スポンサードポスト】
・3Dデータを手軽にVRへ。自動車や住宅などで導入進む「MeshroomVR」
・【特別企画】2Dお絵描き感覚で3Dキャラが作れる「VRoid Studio」講座、第一回を無料掲載!

中国でどうコンテンツビジネスを展開するか?セミナーが東京で12月開催

2019/10/31 11:30 セミナー・カンファ

VRゲーム「Vacation Simulator」日本語含む多言語対応 2進数表示も可能に

2019/10/31 11:30 ゲーム・アプリ
新規CTA

「Insta360 Pro 体験説明会」 Advertisement

VR/AR/MR 用語集