約5万円のPC向けVRデバイス「OSVR HDK2.0」が日本で発売

Razerは、オープンソースのVRプラットフォームOSVRに対応したVRHMD「OSVR HDK2.0」の日本国内での販売を開始しました。同モデルは同社のオンラインストアであるRazerStore JPにて購入することができます。

OSVR

OSVR HDK2.0の販売について、2016年7月の段階では北米向けの販売を行うことが発表されていました。今回は日本国内での販売開始となります。北米向けの販売価格は399ドル(約42,000円)となっていますが、日本向けストアでの販売価格は49,800円 (税別)です。

本HMDは、赤外線カメラが同梱されプレイヤーの位置をトラッキング可能。ほかにもHDK自体を改造することも可能です。また性能についても、解像度1080×1200の有機ELパネルを2枚使用。実現するフレームレートも90fpsと、スペック上はOculus Rift製品版やHTC Viveとも並ぶ性能となっています。

2016年のE3での体験ではコンテンツがそろっておらず、高解像度、高フレームレートを十分に実感することができませんでした。先日、RazerはOSVR HDKで体験できるコンテンツを発表しています。

(参考)
RazerStore JP
http://www.razerzone.com/store/hdk2#products

この記事を書いた人

  • 早稲田大学文化構想学部卒業後、日立グループにてグループ全体のビジネスプロセス改善プロジェクトに従事。現在はゲームメディア「もぐらゲームス」編集長 兼 Mogura VR副編集長。
    大学在学中にインディゲームをテーマとした論文を執筆。NHKのゲーム紹介コーナーへの作品推薦、株式会社KADOKAWA主催のニコニコ自作ゲームフェス協賛企業賞「窓の杜賞」の選考委員として参加、週刊ファミ通誌のインディーゲームコーナーの作品選出、株式会社インプレス・窓の杜「週末ゲーム」にて連載など。VRとゲームの交わる先が気になります

    Twitter:@poroLogue

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ