Razer、北米でPC向けVRHMD「OSVR HDK2.0」の予約を開始

PC周辺機器メーカーRazerは、オープンソースなVRプラットフォームOSVRに対応したVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)OSVR HDK2.0の予約受付を開始しました。

osvr

OSVRはRazer等が進めているオープンソースのVRプラットフォームです。RazerはそのOSVR向けのVRHMDとしてHDK(Hacker Dev Kit)を発売してきました。

これまでのHDK1.0シリーズは開発者向けの趣が強く、299.99ドル(約31,500円)で提供されていました。HDK2.0はより、コンシューマー向けを謳っており、設定の簡略化などを図っています。また性能も解像度が両目合わせて2160×1200の有機ELパネルを2枚使用しています。実現するフレームレートは90fpsと、スペックだけ見ればOculus Rift製品版やHTC Viveとも並ぶ性能です。

osvr

また、赤外線カメラが同梱され、プレイヤーの位置をトラッキング可能です。ほかにもHDK自体を改造することも可能ということで、非常に可能性を秘めたVRHMDとして期待されています。

価格は399ドル(42,000円)で発売されます。予約は2016年7月21日現在、北米のみ。さらにシューティングゲーム『Descent: Underground』とレースゲーム『Radial G: Racing Revolved』の2つが同梱されます。

2016年のE3で体験した限りは、コンテンツの問題で高解像度、高フレームレートを十分に実感することができず、未知数のOSVR HDK2.0。日本での発売予定も注目のデバイスです。

(関連記事)
OSVR、約400ドルでOculus Riftとディスプレイ性能が同レベルの新バージョンHDK2を公開

謎に包まれた300ドルのPC向けVRシステム「OSVR」とは何か。その可能性とは。

(参考)
http://www.razerzone.com/store/hdk2

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ