コンシューマー向けVR用「Manusグローブ」開発者版が250ドルで予約開始

オランダのスタートアップManus VRが、業界初のコンシューマー向けVR用グローブのデザインを公開しました。開発者用キットは、2016年上半期にプレオーダーが開始され、同年7月から9月頃に出荷を予定しています。価格は250ドル(約3万円)。これに送料が加わります。

160313001

この開発者用キットには以下のものが入っています。

・1組のグローブ(洗濯可能)
・HTC Viveコントローラーを手首に付けるためのリストホルダー1組
・USBドングル(5ミリ秒以下の低レイテンシー)
・マイクロUSBケーブル2本
・インターフェースと様々なOSに対応したSDK
・後述するデモ用のゲーム

開発者用キットはオープンソースであり、さらにはUnity、Unreal Engine、Android、C#、3DsMax、Mayaなどのソフトウェアのためのプラグインも付属しています。また、グローブはワイヤレスで、5~6時間駆動するバッテリーを備えているとのこと。

Manus VRの公式サイトでプレオーダーが始まっています。申し込みはこちらから。(英語)

Manus VRはこのグローブのデモとして、HTC Viveを用いた『Pillow’s Willow』というゲームも開発しています。ゲームの技術的な開発については、アートディレクターで元アニメーターのPeter Kortenhoeven中心に作られたVRスタジオが協力をしています。

https://www.youtube.com/watch?v=t4TvtAXdHJU

目を覚ますと夢の世界にいた女の子。プレイヤーはステージを見下ろすようないわゆる「神の視点」から、自分の手を使って様々なギミックを解き、彼女をもとの家まで帰してあげるというゲームです。デモ映像では、プレイヤーは手を使ってホタルを捕まえ、橋を架け、ピアノを鳴らしています。

Manus VRは2014年オランダで創設されたスタートアップ。クラウドファンディングを経て、2015年のE3では、Gear VRを用いてManusグローブのαバージョンを展示しました。

彼らは3月14日からサンフランシスコにて開催されるGDCにも参加予定です。HTC Viveを用いた『Pillow’s Willow』も展示予定とのこと。

(参考)
Manus VR公式サイト
https://manus-vr.com

この記事を書いた人

  • 東京大学工学部,UT-virtual所属.趣味は音楽(作詞作曲編曲)や物語の創作.ストーリーテリングや人間の振る舞いを変化させるための強力なツールとしてVRに強く惹かれています.境界が曖昧なものと予測不可能なもの,そしてvirtualという概念が好きです。

    Twitter:@yunoLv3

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ