誰でもVR/ARコンテンツを制作できる『Mirra』ベータ版が公開

VR/ARコンテンツの制作経験のない初心者でもコンテンツを制作できるプラットフォーム『Mirra』が登場しました。UnityやUnreal Engineなどの専用ツールの知識を必要とせずに、独自のVR/ARコンテンツを手軽に制作することができます。

VR/ARコンテンツを手軽に制作

『Mirra』はVR/ARコンテンツを手軽に制作できるウェブ上のツールで、アプリをインストールせずにウェブ上で作業を行うことができます。使い方はシンプルで、3Dモデルや画像や動画、360度動画をアップロードしてライブラリに追加、これらをドラッグ・アンド・ドロップでVR空間内に配置します。VRだけでなく、ARコンテンツも制作できます。

使用する3Dモデルや画像は自作したものの他、グーグルの3Dモデリングソフト『Blocks』で制作したものや共有サービス『Sketchfab』、ストックフォトサービス『Shutterstock』などからダウンロードしたものを使用することもできます。

制作したコンテンツは様々なプラットフォームから閲覧することが可能で、HTC Vive、Oculus RIft、Gear VR、Windows MR、ARKit、またデスクトップからの閲覧にも対応しています。

『Mirra』の設立者であるKevin Farnham氏は、「私たちは『Mirra』が様々な目的に使用できると考えています。たとえばプレゼンやプロダクトツアー、セールス用のツール、トレーニングやポートフォリオ、ロケーションツアー、ブランド広告用のVR体験、教育用のコンテンツ、ギャラリー、VR体験のプロトタイプなど、様々な活用ができる」と述べています。

現在、『Mirra』はベータ版が公開されており、同社のウェブサイトから登録して使用できます。

(参考)
VRScout / Mirra 3D Design Tool Makes Creating For VR & AR A Breeze(英語)
https://vrscout.com/news/mirra-3d-design-tool-creation-vr-ar/

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: Mirra

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。