巨額の資金調達で注目のMRデバイスMagic Leap。デザインが意匠登録から判明か

Googleなどから多額の資金調達を受けながら、開発中のデバイスの具体的なデザインや性能が明らかになっていないMRデバイスMagic Leap。現実に様々なものを投影して操作するティザー動画が定期的に公開されながらも、謎に包まれていた存在です。

この度米国特許庁のウェブサイトにて、意匠申請を行ったデザインが明らかになりました。

形状は「ヘッドマウントディスプレイ」

意匠の申請日は2015年5月14日、意匠取得は2016年6月7日となっています。あくまでも意匠のため、この形状がそのまま最終的な製品になるとは限りません。区分はVRヘッドセット(Virtual Reality Headset)となっています。

形状はOculus RiftなどのVRデバイスと同じヘッドマウントディスプレイ型。頭そして顔面を覆う形状になるようです。意匠登録の資料からは材質等は分かりません。

前面から
マジックリープ

背面から
マジックリープ

上から
image02

Magic Leapとは

Magic LeapはアメリカのMagic Leap社が開発中のデバイス。現実世界に様々なオブジェクトを投影し、現実世界の物体とも連動するMR(Mixed Reality、複合現実)のデバイスとされています。

https://www.youtube.com/watch?v=GmdXJy_IdNw

これまで、Googleや中国のアリババなどから22億ドル(約2,600億円)以上に及ぶ巨額の資金調達を行ってきました。MRのデバイスとしてはマイクロソフトのHoloLensと並び期待されています。

2015年5月に申請した意匠登録ということで、最終的なデバイスがこの形状とまったく同じことはないと思われます。発売時期も明らかになっていません。

フロリダにある巨大な施設で開発を続けているMagic Leap。引き続き注目を集める存在であり続けることは間違いないでしょう。

(関連記事)
巨額の資金を集めているMagic Leap、現実空間に様々なものを投影。修正なしの新たな動画を公開。

米AR(拡張現実)スタートアップのMagic Leap、シリーズCで8億ドル以上を資金調達

(参考)
米国特許庁
http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?PageNum=0&docid=D0758367&IDKey=B3B4CD54EC1F%0D%0A

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/