VRからリハビリまで “力”触覚デバイス「EXOS」

exiii株式会社は、2017年1月18日に、外骨格型の力触覚提示デバイス「EXOS(エクソス)」を発表しました。

EXOSは、振動などで物体の感触を伝えるタイプの触覚デバイスではなく、手や指に直接、内蔵するモーターで反力を与えることで感触を再現するデバイスとのこと。

VRゲームのほか、ロボットの遠隔操作、手を動かすリハビリテーションなどへの応用ができます。

EXOS独自の外骨格機構は、ガタやゆがみを抑え、関節角度や力を正確に伝えることが可能です。また、義手の開発の知見を元にして配置された4カ所の関節は、摘まむ、握るといった、手の基本的な動作を十分にカバーしているとのこと。

触覚デバイスといえば、CES2017にて開発機を展示したCerevoの「Taclim」が2017年秋頃に販売を予定しています。「Taclim」はタクタイル・デバイスを使用し、振動により触覚を再現していました。

また、先日1月13日に発表された任天堂の「Nintendo Switch」のコントローラーであるJoy-Conにも、繊細な振動を用いて触覚を伝える「HD振動」機能が内蔵されています。

このように、触覚デバイスの現在の主流は振動を用いたものですが、EXOSは、関節を動かし、実際に力を提示することによって触覚を再現する、新しいタイプのデバイスだと言えます。

なお、exiiでは、今回の発表に伴い、EXOSを活用したい企業からの連絡を受け付けるほか、EXOSの開発を加速するための人材の採用を開始するとのこと。お問い合わせに関しては以下の連絡先より。

EXOSの活用に関するお問い合わせ先:[email protected]
採用に関するお問い合わせ先:[email protected]
採用に関する情報:

http://exiii.jp/recruit/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • 文学部一年生というVRからはほど遠そうな環境なのにVRに興味を持っている人。Rift、Vive、PSVRの御三家がとうとう揃いました。

    Twitter:@takawitomoki