アップルに新たに3Dインターフェース、VR/AR分野の専門家が合流

英Financial Times紙は、アップルがVR/AR分野の専門家であるDoug Bowman氏を雇用したと報じています。

Doug Bowman氏は、ヴァージニア研究所において3D空間におけるユーザーインターフェースやバーチャル環境における没入感の効用などについて研究をしてきました。最近の取組としては、マイクロソフトのHoloLensを使った研究を行うとして、マイクロソフトが選出した5つのプロジェクトの1つにも参加しています。

Appleはこれまでのところ、VR/AR分野への取組が一切発表されていません。2015年にはスマートフォンを使用したヘッドマウントディスプレイと推測される特許を申請、アップルミュージックがU2の360度動画を公開、ARの関連企業を買収するなどの動きを見せています。

image00

関連記事:Apple 、メガネ型ヘッドマウントディスプレイの特許を申請。ついにVRに参入か?
関連記事:U2の360度MVがスマホとGear VR向けに登場。制作を手がけたVRSEのアプリから視聴可能に

グーグルやフェイスブックがVRに、マイクロソフトがAR/MRに取り組む中、アップルの動向にも引き続き注目したいところです。

関連記事:AppleはVRに参入するのか。アナリストが語る最新動向

(参考)
Financil Times
http://www.ft.com/intl/cms/s/9358ba1e-c07f-11e5-846f-79b0e3d20eaf,Authorised=false.html?siteedition=intl&_i_location=http%3A%2F%2Fwww.ft.com%2Fcms%2Fs%2F0%2F9358ba1e-c07f-11e5-846f-79b0e3d20eaf.html%3Fsiteedition%3Dintl&_i_referer=http%3A%2F%2Fwww.engadget.com%2F3c110eee4c5b5ea9a314d0c4b97b32a3&classification=conditional_standard&iab=barrier-app

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
短時間でできるものもありますので学生さん、主婦の方、海外在住の方も大歓迎です。

詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ