デイリーランキング

HTC、ビジネス向けVRプラットフォーム「Vive SynC」ベータ版を無償提供

業界動向

2020/05/22 17:00

コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? オンラインイベントが5月29日開催

セミナー・カンファ

2020/05/18 19:00

Oculusのロイヤリティ負担プログラム、UE5でも継続へ

開発

2020/05/22 12:00

Magic Leapが約380億円の調達に成功。大規模レイオフ中止に

投資

2020/05/22 16:30

SLAM技術のKudanが50億円調達、M&Aや研究開発推進へ

投資

2020/05/22 16:35

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

世界最大級のフェス「バーニングマン」でのVR展示『VR Camp』がKickstarterで募集中

「バーニングマン」とは、ネバタ州のブラックロック砂漠で1週間に渡って行われるイベントです。何も無い砂漠の真ん中に60000人以上が訪れ、ブラックロックシティと呼ばれる一時的な街をつくりあげ、その人口はネバタ州第3位の大きさになります。毎年、100以上の音楽ブースや巨大なアートの建造物が作られ、それぞれが仮装などをしながら騒ぎまくります。ここでVR展示を行うというプロジェクト『VR Camp』が、Kickstarterに登場しています。

https://www.kickstarter.com/projects/1251129310/vr-camp-at-burning-man

『VR Camp』では、この巨大なイベントの参加にあたり、印象的なヘッドセットの数が特徴となっています。「Leap Motion」や「Perception Neuron」といった最新技術を含んだVR展示がされる予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=lI0INDebc1g

用意される2つの40フィート(約12m)テントは、砂漠の厳しい太陽を反射する布で覆われ、精密機器に害をなす砂を防ぐエアロックが備えられています。

1つの発電機で2台のコンピューターを起動できます。VRデモを同時にするために、VRデモ用のコンピューターが15台なので、発電機が少なくとも8個必要となっています。この他にプロジェクターやライト、運営のための基本的な電力が必要となり、さらに多くの発電機が必要となります。提供された資金は、発電機の燃料やトラックのレンタル料、大画面スクリーンを建てる足場のために使われる予定です。
8月17日まで出資者を募っており、原稿執筆時では1529ドル(約19万円)を集めています。目標金額は10000ドル(約125万円)。VR Campの開催者であるShannon Norrell氏は同イベントで大画面スクリーンの実現を確実にするために、「Kickstarter」を開始したとのことです。

(参考)
RoadtoVR_‘VR Camp’ Coming to Burning Man Festival, Kickstarter Now Live
http://www.roadtovr.com/vr-camp-coming-burning-man-festival-kickstarter-now-live/



【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


【Mogura主催のイベント】
・コロナ禍でVR×エンタメはどうなる? 業界キーパーソンが語る (5/29)


HTC、VRコンテンツ制作のWEVRに1,000万ドルを出資

2015/07/30 19:30 活用事例

【Gear VR無料ゲーム】目線で遊ぶVRソリティア『Solitaire Jetster』

2015/07/30 19:30 Gear VR
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
VR/AR/MR 用語集