デイリーランキング

Oculus Questの公式ストア外アプリ配信は2021年導入か、マイクロソフトがMR特化の公式カンファレンスを開催 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

業界動向

2020/11/30 08:00

【第5回】VR/AR/MRカンファレンス「XR Kaigi 2020」セッション内容紹介〜XR体験設計のコツ、“境界”の操作、VRはリアルかフィクションか、XRコンテンツの著作権保護〜

セミナー

2020/11/30 12:00

KDDIはMRと5G、そして“バーチャルヒューマン”で未来に取り組む

業界動向

2020/11/27 19:00 Sponsored

HoloLens 2の導入には「確かな手応え」、マイクロソフトの推進するMR活用とその戦略

業界動向

2020/11/27 18:30 Sponsored

京都発VRゲームのスタートアップが約1億円調達、開発体制を拡充

投資

2020/11/26 17:30

MoguLive facebook twitter hatena line

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

エンタメ共体験を実現する、バーチャルプラットフォーム「VARP」提供開始

クリエイティブ集団「PARTY」は、バーチャル空間上でさまざまな体験を生み出すためのシステム「VARP(ヴァープ)」を開発・発表しました。「このシステムを活用し、音楽・映画・アート・イベントなどエンターテインメントにおいて、新たなエンタメ体験を実現していく」としています。

バーチャルイベントやライブを同時体験

「VARP」は、バーチャル空間上で世界中の人々がアバターを介して、音楽・ライブ・映画・アート・イベントなど、エンターテイメントの同時体験を可能にするシステムです。

VARPを使用することで、アーティストやイベント主催者は、オリジナルのバーチャル空間を作成し、iOS/Android対応アプリとして配布できます。ユーザーは、その空間内を自由に動き回ることができ、世界中のユーザーと同時に音楽ライブ、イベント、コンテンツ視聴などの体験が可能になります。

「VARP」の第1弾コラボレーションライブは6月に告知されるとのことです。

本システムの機能詳細は以下の通りです。

・仮想空間上にオリジナルパークを制作。
・複数のステージやパビリオンを設置する、マルチステージに対応。
・音源との距離/方向をリアルタイムで反映したサウンドシステム。
・アバター、アイテム、ライブ演出、デジタルインセンティブなど、イベントに合わせた「カスタムメイド」が可能。
・ライブ配信、アーカイブ配信、リピート開催など、幅広い配信形態に対応。
・アーティストの3Dモデリング・モーションキャプチャーも対応可能。
・アプリ内課金による「物販機能」も搭載予定。

(参考)PARTY プレスリリース


【Mogura主催のイベント】
・最前線の知見が学べる、国内最大級のVR/AR/MR関連カンファレンス「XR Kaigi」今年も開催!(12/8 -12/10)

届木ウカ 早川書房の「SFマガジン」にエッセイを執筆

2020/05/27 12:45 VTuber 最新ニュース一覧

ニコ生アプリで3Dアバター配信可能な「バーチャルライブ配信」追加

2020/05/27 12:45 ゲーム・アプリ