ホーム
PSVR
Oculus Go
VTuber最新情報
Vive・Vive Pro
AR/MR
スマホVR
VR体験情報
ビジネス利用
VR動画
技術動向
おすすめVTuber動画
VRゲーム・アプリ
業界動向・将来予測

VRの「いま」を掘りだすニュースメディア

MoguraVR

VR匂いデバイス「VAQSO VR」の開発者版が発売、999ドルで

VAQSO inc.はVR体験に匂いを加えるデバイス「VAQSO VR」の開発者用キットを、本日2018年11月21日より、VAQSOの直販サイトにて発売します。価格は999ドル(税別)。出荷は11月末より開始予定です。

VAQSO VRは、VR映像と“匂い”が連動することで、よりリアリティの高いVR体験が可能になるデバイスです。VAQSO VRの本体をOculus Rift、 HTC VIVE、PlayStation VR(PSVR)などのVRヘッドセット固定し、最大5種類までの匂いを感じることができます。また、VAQSOが公開している無料APIを利用することで、匂いを一瞬で切り替えたり消したりといったことも可能です。

国内外の企業からの声を受けて発売開始

11月21日に開催された発表会には、VAQSO inc.のCEOである川口健太郎氏が登壇しました。川口氏によると、国内外のいろいろな企業から、VAQSO VRをぜひテストをしてみたいという声が増えてきたため、デモなどに使用している本体をDev kitという形で発売することに決めたとのことです。


そのため、今回のDev kitは、2019年に発売を予定している一般向けの量産モデルとは一部の仕様が異なり、製造コストの関係で価格もやや高めになっているとのこと。

「VAQSO VR(Dev kit)」は、VAQSO VR本体に加えて、匂いカートリッジ5個と、カートリッジに添加する匂いの入ったボトル5種類がセットになっています。Dev kitの購入の際には、全15種類の匂いの中から5種類を選ぶ形になりますが、さらに必要な場合は1つの匂いにつき70ドルで追加購入することも可能です。


全15種類の匂いの中には、コーヒーやカレーといった食品の匂い、火(火薬)や土などの環境系の匂いに加えて、ゾンビの腐敗臭や女性が振り向いた際のシャンプーの香りといった、ユニークなものも用意されています。


VAQSO VR(Dev kit)では、給電およびPCとの接続はMicro USBによる有線接続のみですが、2019年に発売予定の量産モデルではモバイルバッテリーを内蔵し、BLE(Bluetooth Low Energy)によるワイヤレス接続も可能になります。また、Dev kitではカートリッジに添加した匂いの持続期間が約3日ですが、量産モデルでは1カ月を目標に開発を行っているとのこと。ちなみに量産モデルの価格は200ドル以内を目指しているそうです。

高級香水ブランドのパフューマ―がアドバイザーに

VAQSO VR(Dev kit)の発売に加えて、本日の発表会では、VAQSO inc.がベンチャーキャピタルのウエルインベストメントから2回目の追加投資を受けたこと、高級香水ブランド「メゾン フランシス クルジャン」のマスターパフューマー、フランシス・クルジャン氏がVAQSOのアドバイザーに就任したことも、同時に発表されました。

フランシス・クルジャン氏のアドバイザー就任は、川口氏によると、VAQSOの事業に興味を持ったクルジャン氏が、同社のメルマガ購読を申し込んだのがきっかけになったとのこと。それに気づいた川口氏がクルジャン氏とコンタクトを取り、東京で面会して意気投合した際にアドバイザー就任を依頼したところ、快諾を得たそうです。今後は匂いを染みこませる素材の選択や、効率的に匂いを送り出す構造など、クルジャン氏の持つ高度な専門知識を活用していきたいとのことでした。

発表会場では、このVAQSO VRを実際に体験することができました。本体はOculus RiftのHMDにしっかりと固定されており、装着する際も特に邪魔になるようなことはありません。ちなみに体験時には、自分では分かりませんが、カートリッジから匂いが送り出される際に本体が発光する仕組みになっています。

今回体験できたのは、コーヒーカップやオレンジをOculus Touchでつかんで自分の顔に近づけたり、マッチを擦って火をつけたりすると、その匂いが感じられるというものです。カートリッジからはファンを使って匂いを送り出すため、ファンの動作音が多少気になるものの、複数のアイテムの匂いを連続して嗅いでみても、匂いが混じってしまうようなことはありませんでした。

アイテムによって匂いを感じる差はあるものの、ホットコーヒーの香ばしい匂いやオレンジの爽やかな香りがふわっと漂ってくるのは、とても心地よい感覚でした。今後、Dev kitにより対応ソフトの開発が進むことで、VRコンテンツのなかで匂いをどのような形で活用するのか、新たなアイデアが生まれてくるのが楽しみです。

ハードウェア概要

製品名

VAQSO VR(Dev kit)

価格

999ドル(税別)、送料一律10ドル

本体サイズ

H30 x W147 x D83(mm)

本体重量

125g(カートリッジ無し)

接続端子

Micro USB

同梱物

・VAQSO VR(Dev kit)本体1台
・カートリッジ5個
・匂いリペアボトル5個

匂いラインナップ

■環境系
・海
・火(火薬)
・木
・土
■飲食物:
・コーヒー
・ミルクキャラメル
・チョコレート
・カレー
・フライドチキン
■その他
・ゾンビ
・女性
・ミント
・ガス
・花束

公式Webサイト

www.vaqso.com

備考

匂いの持続期間は約3日(使用環境により変動)
匂い補充ツール付属

この記事を書いた人

伊藤誠之介
いろんなところで、ゲームやアニメに関する記事を執筆しています。新たなエンターテインメントとしてのVRにも興味シンシンの、元マイコン少年です。 Twitter:@ito_seinosuke
法人様向けVR/AR/MRサービスのご案内
Advertise on Mogura VR(English)

デイリーランキング

機材+コンテンツ+運営スタッフを
Mogura VR がフルサポート
機材+コンテンツ+運営スタッフを Mogura VR がフルサポート 「出前VR」

VTuber ライブ配信予定表

VR業界 2018年
バーチャルユーチューバー 最新情報まとめ
ニンジャマスクの購入はこちら! Mogura VR Store

Insta360 Pro/Pro2 体験説明会 Advertisement

VR/AR/MR 用語集